teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/833 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

都忘れ

 投稿者:Kemunpass  投稿日:2019年11月24日(日)10時56分2秒
  通報
  ※『都わすれ』について調べてみました。

ミヤマヨメナの日本産園芸品種として多く栽培され、開花期は5~6月頃である。ミヤコワスレの名は、鎌倉時代に承久の乱に敗れた順徳天皇が北条家によって佐渡島に流された際に、この花を見て心を慰め、都恋しさを忘れたとの伝承による。 この由来によって花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」などといわれる。
(順徳天皇)
『いかにして契りおきけむ白菊を都忘れと名づくるも憂し』
(現代語訳)
  この白菊を「都忘れ」と名付けるなんて、なんと悲しい巡り合わせだろう
*****************
(ついでに他の歌人の作を幾つか)
  「村荘詠草」 会津八一
この花のしろきをみれば都をも世をも忘るとめでし君はも
  『独石馬』 宮柊二
通りゆく猫とどまりて都忘れの花嗅ぎたるは何故なりし
  『都わすれ』 岩波香代子
都忘れ紫にほふ花かげに恋ふる人さへ淡くなりつる
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/833 《前のページ | 次のページ》
/833