teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


きのうはいいお天気でした

 投稿者:きっきりんりん  投稿日:2020年 4月26日(日)21時21分46秒
  皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日ひさしぶりに裏山に登ってきました。真っ青な空と新緑がとても鮮やかでした。
家族連れも結構おられましたょ

そこで一句
「見上げれば 若い緑に若い声」
 
 

ミステイクでした

 投稿者:きっきりんりん  投稿日:2020年 4月13日(月)21時39分9秒
  早く皆さんと歌やコンサートを楽しめるよう祈るばかりです。

久しぶりに一句
「鳥遊ぶ 波紋広がり 桜揺れ」
 

桜も終わりですが

 投稿者:きっきりんりん  投稿日:2020年 4月13日(月)21時33分40秒
  春の新しいスタートの時期なのに、なかなか先が見えないですね。
早く
 

お一人ではないようで

 投稿者:ときちょ  投稿日:2020年 2月25日(火)23時08分24秒
  「からすませつこ」さんのくだり、私は彼女を存じ上げなかったのですが、
知人が、きっきりんりんさんと同じことを心を込めて言っていたので、思わず声を出してわらってしまいました。
3月1日楽しみに聴かせて頂きます。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:きっきりんりん  投稿日:2020年 2月24日(月)08時26分45秒
  定演が終わって一息ついていたら、あっという間に2月も終わりになりました。
時間の経つのは早いですね。

このごろ朝ドラにはまっていますが、若いころに好きだった女優さんたちが年齢を重ねていい味わいを出しているのが楽しみになっています。
(だがしかし、あの「からすませつこ」が?!ショックを受けたのは私だけでしょうか。)
私たちも合唱にいい味を出したいですね。

閑話休題
3月1日に和楽器オーケストラあいおいさんの演奏会に児童合唱団ほかとともに市民合唱団の男声が出演します。
子供たちの若い歌声とどうコラボするか、よろしければご来場ください。
和楽器も素敵です。
 

定演ビデオのアップ

 投稿者:きっきりんりん  投稿日:2019年12月 8日(日)23時28分46秒
  練習録音にビデオをアップしました。
団員の皆様、ご覧ください。
 

お疲れ様でした

 投稿者:きっきりんりん  投稿日:2019年12月 4日(水)20時45分54秒
  皆様、定期演奏会、たいへんお疲れ様でした。
練習録音にアップしていただいた録音を聴きましたら、

1ステは、縦の線がそろっていて言葉がはっきりして、見違えるような演奏でした!
よかった(*^_^*)(字がジーさん)

2ステの合同は、ラルラさんのおかげで、見違えるような演奏でした!
3ステの感想は省略しますm(__)m

 

定期演奏会録音

 投稿者:練習録音担当  投稿日:2019年12月 1日(日)20時58分2秒
編集済
  定演お疲れさまでした。
正式な録音は後日お知らせがあるかと思います。
客席からの録音で、お聞き苦しい雑音が少し入っていますが
お聞きになりたい方は団員の「練習録音」にアップいたしましたので、お聞きください。
尚、わが団の合唱のみの編集とさせて頂きました。
ご了承ください。
 

彦根水すまし 40周年記念コンサート

 投稿者:いなけん  投稿日:2019年11月26日(火)11時26分54秒
編集済
  滋賀県彦根市の女声合唱「彦根 水すまし」様の40周年記念コンサートが、2020年5月4日に開催されます。
「やさしい旅」という委嘱作品が初演されます。
山岸徹先生の作曲、三浦照子さんの作詞です。今回姫路市民合唱団の委嘱作品である「ふるさとの詩」と同じ、先生方の作品となります。
「乞う、ご期待!」ご来場どうぞよろしくお願い致します。
 

都忘れ

 投稿者:Kemunpass  投稿日:2019年11月24日(日)10時56分2秒
  ※『都わすれ』について調べてみました。

ミヤマヨメナの日本産園芸品種として多く栽培され、開花期は5~6月頃である。ミヤコワスレの名は、鎌倉時代に承久の乱に敗れた順徳天皇が北条家によって佐渡島に流された際に、この花を見て心を慰め、都恋しさを忘れたとの伝承による。 この由来によって花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」などといわれる。
(順徳天皇)
『いかにして契りおきけむ白菊を都忘れと名づくるも憂し』
(現代語訳)
  この白菊を「都忘れ」と名付けるなんて、なんと悲しい巡り合わせだろう
*****************
(ついでに他の歌人の作を幾つか)
  「村荘詠草」 会津八一
この花のしろきをみれば都をも世をも忘るとめでし君はも
  『独石馬』 宮柊二
通りゆく猫とどまりて都忘れの花嗅ぎたるは何故なりし
  『都わすれ』 岩波香代子
都忘れ紫にほふ花かげに恋ふる人さへ淡くなりつる
 

レンタル掲示板
/84