teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


追加指名

 投稿者:みぞ  投稿日:2018年 6月16日(土)19時18分46秒
  13位
アドマイヤマーズ
 
 

18-19ドラフト回顧№2

 投稿者:うえさ  投稿日:2018年 6月14日(木)01時19分28秒
編集済
   続きです。お暇な時にどうぞ。

◎5位 エデリー 牡 美・藤沢和 DI×ヴァレリカ(Dynaformer)
 馬体:A 配合:B+ 期待度:B+ 目標:青葉賞とかスプリングSとか

 4位指名候補のシェドゥーヴルとサトノアクシス残ってますが、ここは当初予定通り本馬を指名。ゴドルフィンは現3歳世代から育成も手掛けるようになりましたが、いきなりタワーオブロンドンが出ています。育成2年目で更に飛躍が期待できるのではと思い狙ってみました。もちろん馬自信も、サイズがあるけどバランスの良い好馬体で、牧場の評価も高く、早期入厩(ゲート合格後放牧に出ましたが、早ければ札幌とかでデビューですかね)。タワーオブロンドンくらい活躍してくれないかと期待しております。タワーオブロンドンがGⅡ京王杯2歳Sに勝っているので、目標は上の通りにしました。こっちは距離延びて良さそうですし。
 重複指名はイグナーツ(DI×ラフアウェイ)。ノースヒルズの評判馬ですが個人的にはピンときませんでした。まぁノースヒルズの馬を見る目には輪をかけて自信ありませんが。阪神最終週デビュー予定でしたが脚痛めて放牧のようですね。
 ここではサターン(DI×シャンロッサ)とイニティウム(ハーツクライ×ゴールデンドックエー)が気になりますかねぇ。サターンはカンタービレの下で、三嶋牧場産のノーザンF空港育成馬。この他牧場生産のノーザンF育成馬、ジェネラーレウーノやモーリスなんかがこのパターンですね。このパターン少し注目していまして、その中で最も評価していた馬がサターンです。このパターンの場合、ノーザンFの育成に着いていけているかどうかだと思ってますが、サターンは早期入厩なので、多分順調に調整できているんだと思います、良さげですね。イニティウムはアルバートドッグや私が指名したリライアブルエースの半弟。ハーツクライ産駒には定評のある須貝師の評価も高く、開幕戦デビュー予定だったので指名しようと思ってましたが、追い切り動かず放牧。仕切り直しになりました。まだ時期が早いんでアレですけど、やっぱりマイナスと判断し、急遽リスト外とさせていただきました。
 その他は特に気になりませんでしたが、強いて挙げればアルママ(オルフェーヴル×ホエールキャプチャ)ですかね。評価高いですけど、オルフェーヴル産駒はある程度サイズがある方が良さそうなのと、配合が気に入らずリスト外にしました。まぁオルフェーヴル産駒もまだ1世代なので良くわかりませんが。ジュベルハフィート(DI×ドバウィハイツ)とオーサムウインド(DI×オーサムフェザー)も小さいので外しました。あとタンタラス(キンカメ×ブエナビスタ)はどうなんすかね?個人的には今までで一番ブエナに似ている感はあると思いますが、基本奥手な印象ですよね。走ってもおかしくはないとは思いますが、獲るなら藤沢和厩舎に替わる弟ですかね、人気になってそうですけど。

5位指名候補:サターン  9位指名候補:イグナーツ
リスト外A:イニティウム・アルママ・ジュベルハフィート・オーサムウインド・タンタラス
リスト外B:サトノルークス

◎6位 ノーブルスコア 牝 栗・藤原英 DI×ファイナルスコア(Dylan Thomas)
 馬体:A 配合:B+ 期待度:B 目標:サトノアクシスより稼ぐこと

 ここはアカネサス(ロードカナロア×クィーンズバーン)の予定でしたが、4位指名候補の2頭+5位指名候補のイヴォーク(オルフェーヴル×ウェイクミーアップ)が残っている状況でしたので、ここで一考。5位が終わって、グランアレグリアやサートゥルナーリアとか大物以外の速攻系が出ていないこと、アカネサスは好時計出してたんですが、ネットとかでもあまり話題に出てこないので(私が見つけられなかっただけですか?)、まだ下でも大丈夫かなってことで、上の馬から選ぶことに。ただサラミスは7位が限界だと思っていたのでアカネサスを8位でいくことにしました。さすがに無謀でしたね、イケると思ったんだけどなぁ。
 で、何を指名するかなんですけど、シェドゥーヴルはジークカイザー・Yoshida・ヴェルテアシャフトの下。大物感がある馬体で配合も良さそう。獲りたいんです、獲りたかったんですが、ヴェルテアシャフトのトラウマが・・・。ヴェルテアシャフトは世界制覇で、シェドゥーヴルは名作・傑作。なんかまた名前負けしそうな予感。YoshidaがG1制覇ですしね。ということでサトノアクシスかってことになったんですが、それならノーブルスコアでもいいんじゃん?ってことで、藤原英厩舎の牝馬TOP2から選ぶことに。ノーブルスコアは6位指名候補でした。どっちも小さいんですよねぇ。だから残ってるんでしょうけど5位まで結構順調に獲れたし、この順位ならいいかって感じですね。サトノアクシスは里見氏の牝馬の№1評価馬でもあり、牧場の評価も「クラシックを目指せる馬」と高いです。ノーブルスコアも「バネや切れ味がある走りで、体幹が素晴らしい」「桜花賞に出て欲しい」と高評価。ノーブルスコアに決めた理由は配合ですかね。あとノーブルスコアの馬主はイオンの元社長さん。大物の新馬主ということでノーザンFもいろいろ配慮してくれるんじゃないか、という邪推も入っています。2頭揃って函館に入厩してゲート試験合格してますね。しかし、やっぱり小さいよなぁ。今回のドラフト、ここだけ後悔してるんですよねぇ。函館で助手のサトノアクシスに対する評価めっちゃ高いみたいですね、こういうところの引きの弱さがダメなんだろうなぁ。
 6位にして初めてストレートに指名馬決定しましたね。ここで痛かったのは、やっぱりアカネサスですかね。坂路51秒台‐12.4秒を馬也で2回叩き出しています。でもこの馬何がいいって名前がいいっすよねぇ。「茜さす=美しく光輝くという意の枕詞」だそうですね、カッコいい。新馬戦は直線前が壁になって苦しい場面もありましたが、ゴール前鋭く伸びて勝利。よく届きましたよねぇ。次走は札幌2歳Sの予定、サートゥルナーリアと対決ですね。
 そして、アカネサスより痛かったのがサラミス(DI×サロミナ)。サロニカ&サラキアの下で、シルクHCの最高価格馬。まぁ最高価格はどうなんだ?ってのはありますが、姉も堅実に走ってますし、配合も素晴らしいし、早期入厩しているということで、中盤のポイントゲッターとして獲得しておきたかった馬でした。ただ、輸送中に脚ぶつけて熱感と腫れが出てたみたいですね。直近の情報調べていませんでした。結局、軽症だったようで放牧にならず済んだようですが、ドラフト時点ではそこまでわからなかったので、残っていたとしても、指名する際にnetkeiba調べてたと思うので獲らなかったかも知れません。ちなみに「サラミス」と聞くとガンダムに出てきた巡洋艦を連想しますよね、あまり強そうではないですが、応援したくはなります。
 その他だと、ユアーズトゥルーリ(ロードカナロア×アイムユアーズ)注目してました。早期デビューも視野に入っていましたが、挫石で放牧に。順調ならここらへんの順位でいいんでしょうけど、アクシデントのあった馬はやはり評価を下げざるを得ません。

6位指名候補:ホウオウライジン・アカネサス  7位指名候補:サラミス
10位指名候補:エールディヴァン・ユアーズトゥルーリ
リスト外A:アルテラローザ  リスト外B:ロードラウレア・マイグッドネスの2106

◎7位 アウィルアウェイ 牝 栗・高野 ジャスタウェイ×ウィルパワー(キングカメハメハ)
 馬体:? 配合:? 期待度:B+ 目標:期間内3勝+重賞連対

 まだシェドゥーヴル残ってますが(サトノアクシスはノーブルスコア獲ったので獲る予定はありませんでした)、まずは速攻系でしょってことで、アカネサスの予備として用意していたアウィルアウェイを指名することに。この馬も追い切り動いています。多分、というか間違いなく、クィーンズバーンの仔(つまりアカネサスね)ではなくウィルパワーの仔(つまりアウィルアウェイね)の名前が「アカネサス」だったら、こっちを上位に評価していたと思います。そこら辺はね、やっぱりイメージってのもありますから結構適当です。新馬戦強かったです。ただ、ゲート出てから行き脚がつきませんでしたね。「性格もいい」って話でしたが、何か課題がありそうです。次走どこを使うのかは知りませんが、きっちり修正できれば兄インディチャンプ以上の活躍が期待できると思っています。アカネサスも本馬もスムーズな競馬ではなく、タイムは平凡。デビュー戦だけではどっちが良かったか、まだわかりませんね。
 サトノアクシス出ましたね。まぁよく残ってたもんですよね。そりゃ牡しか獲らないって言ってたヒガシも獲りますよ。ここは獲られて痛い馬もいませんでした、リストに入れてるの2頭だけだし。ルヴォルグ(DI×キトゥンカブードル)は馬体いいと思ってるんですが、フクキタルってのがどーなの?ってことで評価下げました。リスト外ではクラージュゲリエ(キンカメ×ジュモー)が気になりますかね。仕上り早そうなスラッとした馬体で、キンカメはこういうのも走る印象がありますが、写真のせいなのか、頭が大きく見えるので外しました。ただ単に好みの問題です。ヴェロックスは中内田-金子ラインなんですね、見落としていました。

4位指名:サトノアクシス   9位指名候補:ルヴォルグ
リスト外A:クラージュゲリエ・オーキッドテソーロ・シトラスノート
リスト外B:ヴェロックス・レッドベルディエス・アストライア

◎8位 ルモンド 牡 栗・中内田 DI×ウィステリアアーチ(キングカメハメハ)
 馬体:? 配合:B+ 期待度:B  目標:期間内2勝+重賞連対

 まだシェドゥーヴル残ってるんですが、ここは当初予定通り本馬を指名しました。また中内田厩舎の馬ですが、より確実性を担保するためです。馬主は山紫水明。私、恥ずかしながら個人名だと思っていました、ふざけた名前だな、と。会社名だったんですね。この馬主さん、所有馬10頭中7頭が勝ち上がり。特に中内田厩舎では全4頭が勝ち上がり、そのうち1頭はアーリントンC2着のパクスアメリカーナということで「確実性」の塊みたいな馬主です。この馬も既にゲート試験合格後、放牧に出ており順調そのもの。山紫水明の名に恥じない堅実な走りを見せてくれるものと期待しております。
 ここではヴァイスカイザー(DI×ナイトマジック)が久しぶりの重複指名。すみません、私ノーマークでした、フォイヤーヴェルクのトラウマが・・・。POG本見ると447キロと、この仔もあまり大きくないみたいですが、netkeibaの書き込み見ると1ヶ月半くらいで20キロくらい増えてますね。なかなか期待通り走らない血統ですが、そろそろ走ってもおかしくないっすね。
 やっとシェドゥーヴル出ましたねぇ。もう一つ待っていただければ確実に指名したんですが、まぁここまでよく残っていたもんです。ロジャーバローズ(DI×リトルブック)は他牧場生産のノーザンF育成馬パターン、またヒガシか。この馬ヘンリーバローズと同じく角居厩舎-猪熊氏のラインで、馬体も配合もいい感じ。これもサターン同様注目してましたが、早期入厩ではなさそうなので評価を下げていました。
 ユナカイト(ヨハネスブルグ×フサイチパンドラ)はアーモンドアイの下。個人的には外れだと思ってます。ちなみに私、ユナカイトじゃなくてユカナイト(愉快なナイト的な?)だと思ってました。どうでもいいですが。・・・しかしリスト外多いな。

4位指名候補:シェドゥーヴル  9位指名候補:ロジャーバローズ
リスト外A:ダノンテイオー・ポルトラーノ
リスト外B:ヴァイスカイザー・ユナカイト・リバーシブルレーン・クルミネイト

◎9位 リオンリオン 牡 栗・松永幹 ルーラーシップ×アゲヒバリ(クロフネ)
 馬体:B+ 配合:A 期待度:B  目標:ウラノメトリアより活躍すること

 9・10位はもともと指名馬を固定しておらず、残っている上位評価の馬から指名状況を踏まえて指名することにしておりました。で、ここで残っている上位評価馬は、5位指名候補のイヴォークと6位指名候補のリオンリオン・ウラノメトリア(ルーラーシップ×ミクロコスモス)。牝馬では7位指名候補のリアオリヴィア(DI×リアアントニア)・ベルクワイア(ロードカナロア×スカーレットベル)・○○○(指名されていないので伏せます)が候補でした。
 ここまで、牡馬5頭・牝馬3頭という指名状況で、11・12位は牡馬の予定だったので、9位は牡馬、10位は牝馬にしようと決めました(私はいつも牡2:牝1の割合を目安にしているもので)。で、9位指名ですが、イヴォークは早期入厩してゲート試験合格後放牧に出てましたが、馬体重がPOG本の時より20キロ以上痩せてしまいました(480→457)。上にも書いた通りオルフェ産駒は馬格があった方が良さそうなので指名を躊躇しました。再入厩して東京最終週のマイルを目指しているみたいなんで体調がどうこうってことではないみたいですけど。ということで、リオンリオンとウラノメトリアという、過去の指名馬とゆかりのある馬から選ぶことに。リオンリオンは、ダノンディスタンスという若駒S2着・京都新聞杯3着とクラシック出走にあと少しで届かなかった馬の下。ウラノメトリアは、コズミックフォースの下ですが、私が持っていたのは母のミクロコスモス、阪神JF3着でした。アゲヒバリはいつも見映えのする馬を出しますよね。リオンリオンは松永幹師がかなり期待しているみたい。函館入厩予定で早期デビューも視野に入れており順調そう。一方ミクロコスモスは、初仔アンティノウスが評判のわりにイマイチでしたが、2番仔コズミックフォースがダービー3着ときっちり結果を出してきました。デビューも遅くならなそうだし、アンティノウスの父はクロフネ、コズミックフォースの父はキンカメなので、父ルーラーシップのウラノメトリアも期待できるかもってことで甲乙付け難かったんですが、最終的には馬体の好みでリオンリオンを選びました。どっちがよかったんですかねぇ。
 ここでリストに入っていたのはボスジラ(DI×ミスパスカリ)のみ。そうです、マウントロブソン・ポポカテペトル・シエラネバダと3年連続で指名を逃してきた「俺のミスパスカリ」です。今年はPOG本の露出も少なく注目もされていないので12位でイケると思ってたんですが・・・。馬自体はよくわかりません。だって情報ないんだもん。ただマイラーっぽいみたいですね。来年は牝馬かぁ、どうしようかなぁ・・・。
 あとはリスト外ですが、ティグラーシャ(DI×シーズアタイガー)・オーロトラジェ(オルフェーヴル×ミュージカルウェイ)あたりが人気なんですかねぇ。ティグラーシャは評判いいですけど、馬体も配合も好きじゃないので外しました。オーロトラジェは配合良さそうですけど、オルフェ産駒なのに小さいんですよねぇ。Frankel産駒出ましたね。注目のニューワールドR、どうですかね。個人的にはNausicaaという母の名前が気になります。読み方「ナウシカ」でいいんですかね?

12位指名候補:ボスジラ
リスト外A:ティグラーシャ・オーロトラジェ・ゲンティアナ・Nausicaaの2016
リスト外B:ディープサドラーズ・プライドランド・クールウォーター

◎10位 ベルクワイア 牝 美・国枝 ロードカナロア×スカーレットベル(エリシオ)
 馬体:B+ 配合:B+ 期待度:A  目標:アーモンドアイの再来(あわよくばですが)

 12位指名予定のボスジラが出ちゃったので牡牝のバランスが多少変わる可能性がありましたが、ここは予定通り牝馬で7位指名候補のリアオリヴィア・ベルクワイア・○○○の中から選ぶことに、というか迷わずベルクワイアを指名することにしました。リアオリヴィアもそうですが(○○○もですが)、ベルクワイアよく残ってましたね。血統的にダートっぽいからですかね?この馬実は兄のお薦めでして、天栄に在厩していた馬でお薦めの馬を訊いたところ、ソルドラードとベルクワイアを挙げておりました。でも、その時点であらかた指名馬は決まっていたので、どちらも指名できないなぁ、と思っていたところ、10位でもまだ残っているではありませんか。さすがにお薦め訊いといて指名しないのもなんなんで本馬にしました。この馬少し大きすぎる気もするんですが早期入厩で評判もいいし、母父がFairy King×Slewpy、2代母父がSSとステルヴィオの血統構成に近いのでリストに入れてましたが、トレセン内で「アーモンドアイの再来か?」なんて声が聞こえているそうです。私、逆にそれで冷めてしまったんですよね、アーモンドアイみたいなのがそうそう出るわけないじゃん?って思いまして。でもこの順位で獲れるなら話は別。前に持っていたダノンリバティの下でもあるし、いい馬が獲れたと思っております。あと、ノーザンホースパークマラソンの優勝景品みたいですね。昨年は男子フラットレー女子ミーティアトレイル(誰?)と結果は出せませんでしたが、過去2012ディアデラマドレ・2013ハープスター・2014シャイニングレイ・2015シンハライト・2016男子エピカリス女子リスグラシューという脅威のラインナップ。今年は男子ベルクワイア女子スイープセレリタスみたい。正直こういう余計なの付かなくていいんですけど、まぁ10位だしジンクス的なものも含めて楽しみたいと思います。まずは今週のデビュー戦ですね、評判良すぎて逆に心配。
 7~9位はリスト外の馬が多かったんですが、ここは5頭もリストイン。他の3頭もリスト外Aでした。イヴォーク出ちゃいましたか。予定通り戻ってきて調教してるんで、太りすぎてただけだったんですかね、順調そうです。リアオリヴィアはドラフト時ノーザンFしがらき在厩。今は栗東に入厩してるみたいで、これも順調そう。サイズもちょうどいいし、角居厩舎だし、なんで誰も獲らなかったんですかね?自分で獲らずになんですけど。シルクRは昨シーズンほどの活躍は難しいだろうと思い多少厳しめに評価。牡はサラミス、牝はリアオリヴィアの2頭のみをリストアップしてました。あ、サラミスが最高価格ってのは知ってましたが、リアオリヴィアも牝馬で募集価格一番高い馬なんですね、いや、知らなかったんですよマジで。ただ単に高い馬入れてるみたいでなんか恥ずかしいっす。
 ブルーアガヴェ(DI×ペイトンドーロ)とファイナライズ(ロードカナロア×ワイルドココ)はボスジラ亡き後の12位指名候補の1頭でした。牡はウラノメトリアかブルーアガヴェ、牝なら○○○かファイナライズかクィーンユニバンス(ヴィクトワールピサ×レディスキッパー)かウインゼノビア(スクリーンヒーロー×ゴシップクイーン)、結構いますね・・・。ブルーアガヴェは入厩もしていて東京最終週のマイルでデビュー予定、ミディオーサやイヴォークとぶつかりますね。兄姉走ってないし、馬体も確認できなかったけど、DI産駒の金子馬なんで気になります。ファイナライズはシグナライズの下で何と言っても中内田厩舎。馬体もいいと思うんですが、配合が気に入らないので評価下げてました。それでも中内田厩舎からもう1頭獲るならこの馬でしたね。
 アメジストヴェイグ(ハービンジャー×グルヴェイグ)は私の過去の1位指名ヴァナヘイムの下ですね。人気もあるんでハービンジャー産駒の中では一番手評価にしていますが、馬体を見ると緩くて時間がかかりそうな印象です。悩ましいのがラヴズオンリーユー(DI×ラヴズオンリーミー)。リアルスティールやプロディガルサンや私の持っていたラングレーの下ですね。兄達ほどのデキではないとは思うんですが、久々にいい感じかなと思っています。でもこれも奥手っぽいんだよなぁ。ただこっちはもしかすると間に合うかもって感じがします、悩ましい。最終的にはDMMってことで外しましたが。フリーティングスピリットの2016(父DI)は音無師も期待しているみたいですが、距離的にマイルまでみたいなので外しました。

5位指名候補:イヴォーク  7位指名候補:リアオリヴィア
8位指名候補:ブルーアガヴェ・ファイナライズ
9位指名候補:アメジストヴェイグ
リスト外A:ラヴズオンリーユー・ランブリングアレー・フリーティングスピリットの2016

◎11位 ブーザー 牡 美・堀 マンハッタンカフェ×マンドゥラ(Danehill Dancer)
 馬体:? 配合:A 期待度:A  目標:指名マンカフェ産駒初の重賞制覇

 ここは当初予定通り本馬で。マンハッタンカフェ枠です。12位でもよかったのかも知れませんが、確実にゲットするために11位にしました。マンカフェ産駒って今の3歳馬が最後だと思ってたんですが2歳馬が最後なんですね、昨シーズンはダブルフラット獲りましたがイマイチだったのでチャンスが残っていて良かったです。この馬、馬体は確認できていないんですが、金子馬ってことだけではなく、既にゲート試験合格していて早期デビューも見込めるし(情報ないんでデビュー時期わかんないんですけど)、配合的にもマンカフェの成功パターンだと思っています。過去私が指名したイモータルやヒルノダムール以上の成績を残して欲しいと願っています。といってもヒルノダムールは皐月賞2着なんでこれを超えるのはさすがに厳しいので、ヒルノダムールも勝っていない(ダービーまででね)重賞制覇を目標に。そしてもちろんダービーに出走して欲しいです。厩舎は少し心配ですが、堀‐金子ラインでは過去にマウントロブソンとベルキャニオンがダービー出走を果たしているので先輩達に続いて欲しいです。決してジナンボーのようになりませんよーに。
 ここでリストに入っていたのはウラノメトリアのみ。出ちゃったかぁ、まー出ますよね、しようがない。あとリスト外ですが気になるのはミッキーブラック(ブラックタイド×マラコスタムブラダ)。牧場も音無師も高評価で「柔らかい走りで、まるでDI産駒みたい」らしいです。馬体確認できなかったし、ここまで手が回らなかったんですが、匂います。安易なネーミングはどうかと思いますが。あとはFrankel産駒が2頭指名。今年産駒多いですよね。どれがいいのかよくわからないので、まとめて消しました。というか、どうせ獲らないと思ったので外国産馬・持ち込み馬全て消しちゃったんです。ちゃんと調べてなくてすみません。Vodkaの2016は亀ちゃんが指名。期待に比していまいち結果が出せていませんが、11位なら間違いなくおいしいでしょう。これは消しちゃダメな馬だったかも。

6位指名候補:ウラノメトリア
リスト外A:ミッキーブラック・サトノナレッジ・グロリアーナ・Vodkaの2016
リスト外B:ミリオンドリームズ・ウィクトーリア・マイネルオニキス

◎12位 クィーンユニバンス 牝 美・田村 ヴィクトワールピサ×レディスキッパー(クロフネ)
 馬体:? 配合:? 期待度:B~A  目標:目指せアドマイヤミヤビ

 いよいよ最後の指名。眠かったですね。上で書いた通り候補は牝馬の○○○か本馬かウインゼノビア。○○○は人気なんで7位にリストアップしていましたが、馬体があまり気に入らないし、情報が少ない感じ。ここまで来たら指名されない可能性もあるので、それなら速攻系を獲っておこうということで本馬かウインゼノビアに。で、アドマイヤミヤビの下で田村師の評価も高い本馬を指名することにしました。田村師はけっこう吹くんですが、今世代のヴィクトワールピサ産駒は出来がいい馬が多いようなので、騙されてみることにしました。折角なのでアドマイヤミヤビくらいの活躍を期待してみます。今回獲った牝馬の中では一番長いところに向いていそうなのでオークスに出走できたらいいっすかね。東京最終週の芝1800mに出走予定です。ウインゼノビアは松岡Jの評価が高かったのでリストアップしていましたが、デビュー戦は完敗の2着。クィーンユニバンスにしておいて良かったかな、まだわかんないっすけど。
 ここにきて久々の被り。カウディーリョ(キンカメ×ディアデラノビア)は一口持ってるんでしたっけ?違ったっけ?すみませんノーマークでした。12位には(13位にも)リストに入っていた馬はいないので、特に書けることもないんですが、Muravkaの2016には未知の魅力を感じます。スプリント戦の怪物になって欲しいです、ダートでもいいので。「ユニコーンライオン」というダサい馬名みたいなので多分ダメだと思いますが。

リスト外A:Muravkaの2016・メイショウイッコン・カレンモエ
リスト外B:バニュルス・キタノインパクト・カウディーリョ・レイズアフラッグ・クリソベリル・ヴァンランディ(13位)

 ということで今シーズンのドラフトが終了しました。今回、6月1週目にダノンファンタジー、2週目にアウィルアウェイ、3週目にベルクワイア、4週目にロードゼウスとクィーンユニバンス、さらに7月中京でダノンチェイサーと早期デビューの馬が多いんですが、どれも速攻系というか早熟な馬ではないと思っていて、3歳戦も十分楽しませてくれる布陣になったと思ってます。今年はノーザンFの動き出しが例年以上に早いので当然早期デビュー馬の中にも例年以上に大物が混じっていると考えています。まぁ、ここまでいろいろ書いてきてなんですが、私馬を見る目があまりありませんので、情報が多い早期デビューの馬でスタートダッシュを決めて逃げられるところまで逃げるっていうスタイルが合っているのかな、と今頃になって悟ったしだいです。今シーズンは私の方針とノーザンFの方針がマッチしたように感じているんですが、さて、どうなりますか。そういえば、昨年は80頭リストアップ(牡58頭・牝22頭)して残ったのが16頭(牡13頭・牝3頭)でしたが、今年は72頭リストアップ(牡頭49頭・牝23頭)して残ったのがなんと17頭(牡8頭・牝9頭)。年々みなさんが獲る馬から乖離しているようです。

 最後に恒例の指名馬全109頭の集計を。
牡牝別の割合では、牡64.2%・牝35.8%。昨季は牡70.6%・牝29.4%で、最近はダービーの影響で牡偏重の傾向が強まっていたところでしたが、今季は牝馬の割合が増加しています。亀ちゃんのせいだと思いますが。
父は①DI(56頭)②ロードカナロア(14頭)③キンカメ(11頭)④オルフェーヴル・ハーツクライ(5頭)。
DI産駒は相変わらずの人気(昨季は53頭)。指名率51.4%ですね。そして3歳馬の活躍を受けてロードカナロアが一気に2位にランクインしました。
 厩舎は①藤沢和(11頭)②池江・堀(10頭)④角居(8頭)⑤矢作(7頭)⑥藤原英(6頭)。
藤沢和厩舎が1位を獲得。池江首位陥落ですね、これは少し驚きました。確かにあれだけの良血馬を揃えているわりに成績がイマイチでしたよね。あとはまぁ例年通りですか。ランク外だと音無先生が昨季の9頭から今季4頭に減っています。
 生産者は①ノーザンF(71頭)②社台F(11頭)③ケイアイF(4頭)④三嶋牧場(3頭)。
ノーザンF圧倒的ですね、でも昨年もノーザンF72頭・社台F13頭なんで例年通りですか。ケイアイFはダノンプレミアム効果ですかね。白老Fは2頭、ノースヒルズに至っては1頭でした。
 馬主は①サンデーR(20頭)②キャロットF(10頭)③金子真人HD(7頭)④サトミHC・シルクR・社台RH(6頭)でした。
キャロットFは3歳馬の不振が影響したのか14頭⇒10頭に。シルクRも強化して2年目ということで、12頭⇒6頭と落ち着きました。今季のキャロットFは良さそうな気がしますが、シルクRは昨季よりは厳しそうですかね。

 ということで今年はこんなもんで終わらせていただきます。それでは今年も指名馬の無事を祈念いたしまして締めさせていただきます。お付き合いくださった方ありがとうございました。
 

18-19ドラフト回顧№1

 投稿者:うえさ  投稿日:2018年 6月 9日(土)02時21分49秒
編集済
   年々書くのが辛くなってるんですが、書かないと自分としても落ち着かないので、今年もとりあえず好き勝手書いてみました。お暇な方はお付き合いください。

 昨シーズンは大物狙いで取ってみて結果散々・・・ということで今シーズンのテーマは「確実性」でいってみることにしました。昨シーズンは入厩時期はあまり気にせず指名しましたが、今シーズンは早期入厩の馬を中心に狙ってみるとか、兄姉の実績を重視してみるとかですかね。あとは昨シーズンはどちらかと言うと私情は挟まずに指名しましたが、アーモンドアイやジャンダルムなどのゆかり血統が走ってしまうという屈辱を味わいましたので、多少、過去に獲った馬の仔や弟妹を意識して獲ってみました。とはいっても2年連続でゆかり血統から当たりが出るとも思えないので、ほどほどですけど。
 ここのところ負けが続いているので、ダービーなんて大それた目標は申しません。なんとか黒字で終われれば御の字です。
 昨年のリストアップは80頭で余ったので、今年は72頭(1位~12位までそれぞれ6頭)にしてみました。ちなみにドラフト開始時の指名予定はこんな感じでした。
①ダノンチェイサー  ②ダノンファンタジー  ③フランクリン    ④バイキングクラップ ⑤エデリー      ⑥アカネサス
⑦サラミス     ⑧ルモンド        ⑨牝馬    ⑩牝馬     ⑪ブーザー   ⑫ボスジラ
予定通り獲れたのは5/10頭ですかね。あ、牝馬ってのはその時残っていた馬の中から指名って感じで考えていて、場合によっては牝馬じゃなくてもいいんですがバランス的に牝馬かなってくらいの感じです。そんなに当初予定通り獲れたわけじゃないんですが、結果としては90点くらいのドラフトだったと思っています。ノー抽選でしたしね。
それでは1位からはりきっていってみましょう!

◎1位 ダノンチェイサー 牡 栗・池江  DI×サミター(Rock of Gibraltar)
 馬体:S 配合:A 期待度S 目標:皐月賞制覇(いえいえダービーなんてそんな)

 今年も私が買ったPOG本はGallopの「まるごとPOG」と「青本」ですが、先に購入した「まるごとPOG」をパラパラ見ていた時点で1位指名はこの馬にしようと決めていました。一目惚れですね。筋肉量が豊富なのにバランスが良くてとにかく目を惹く好馬体です。既に入厩していて、ゲートも6/1ドラフトの日に合格していてます。入厩後の評価も良さそうで中京の前半あたりで使うようです。ブラヴァスと被っちゃうのかなぁ。配合もいいんですよねぇ。ただちょっときれいすぎるというか、いろいろ入りすぎていて煩い感じはしますけど。とにかくこのまま順調に行って欲しいです。池江師のコメントが、本馬は「なかなかいいモノを持っている。素質は高そうです。」に対して、プランドラーが「素晴らしい馬。クラシック級です。」ってのが気に入らないっすけど。
 サートゥルナーリア(ロードカナロア×シーザリオ)人気しましたねぇ。まぁ予想通りですが。こんだけの大物があんだけの時計を出せばそりゃ獲りたくなりますわ。私も揺らぎましたが、抽選確実だと思ったので、予告指名のうえでサミターにした次第です。溝江さんおめでとうございます。
 あとはプランドラー(DI×プラウドスペル)が抽選。抽選覚悟で指名した馬嶋さんが獲得ですね。この馬、馬体はあまりピンときませんでした。青本でアンカツが「前に比べて後ろが貧弱すぎる」って言ってますが、言われてみればそんな感じです。ただ配合はいいと思うし、馬体も変わってきてるみたいだし、牧場の評価は高いんで1位指名候補にリストアップしてます。
 そして外れ1位でもサトノソロモン(DI×イルーシヴウェーヴ)とグランアレグリア(DI×タピッツフライ)が抽選に。サトノソロモンは里見さんの今年の一番馬ですね。もっと人気すると思ってましたが以外です。個人的にはちょっと大きすぎるので評価を落としてみました(3位指名候補。いや獲れるとは思ってませんよ)。グランアレグリアは2位のところで書きます。くっそー。
 さらに外れ外れ1位でもサトノジェネシス(DI×マルペンサ)が抽選。1位は抽選祭りでしたね。個人的にはサトノソロモンよりサトノジェネシスの方が高評価で、ダノンチェイサーに次ぐ2番手評価でした。サトノダイヤモンドより馬体的には好みで、特に肌の質感がいいように感じました。ただ、「ピッチ気味の走法」とか「2000mくらいのタイプ」ってコメントがあったのでダノンチェイサーを上に評価してみました。
 その他の1位指名は、ウーリリ(DI×ウィキウィキ)・リスト(DI×シルヴァースカヤ)・カントル(DI×ミスアンコール)。ダービー馬の下と怪物の下ですね。ウーリリはマカヒキとは全然違ってスラッとしているらしいですが、500キロ近くあって距離も持ちそうとのこと。夏場にゲート試験を受けるらしいので期待できそうです。2位指名候補にしていましたが,露出が少ないんでもう少し下でも獲れるかもって内心狙ってました,一応姉のウリウリ持ってたんで。まぁ柱本さんなら仕方ないっすね。
 カントルも夏場にゲート試験受ける予定みたい。みんな早いですねぇ。ワグネリアンのデビュー前の馬体は確認できなかったので比較はできませんが、馬体は好みです。さらにまだ発展途上といった感じ。これも期待できそうですが、2年連続でのダービー制覇はさすがに難しいですかねぇ。逆にワグネリアンがダービー負けていたらもっと人気になっていたかも知れないっすね。
 リストは、シルバーステートやヘンリーバローズの下ですね。個人的には上ほどの迫力というかオーラは感じませんでした。でもこの血統の場合、脚元に不安があるからこのくらいのが却っていいのかも知れませんが。ただオリハルコンになる可能性も・・・。あと個人的にはまだキーファーズ所有の馬には手を出せません。そろそろ走ってもおかしくはないんですけどね。

1位指名候補:プランドラー・サトノジェネシス・カントル・サートゥルナーリア
2位指名候補:ウーリリ 3位指名候補:サトノソロモン 4位指名候補:リスト・グランアレグリア

◎2位 ダノンファンタジー 牝 栗・中内田 DI×ライフフォーセール(Not For Sale)
 馬体:? 配合:A 期待度:A+ 目標:ミディオーサ以上稼ぐこと

 当初,2位指名はミディオーサ(DI×ミスエーニョ)でした。今年の牝馬で一番馬体が気に入ったのが本馬だったし、なんといっても愛馬ミスエルテの妹なので、これはダノンチェイサーと同じくらい早く決めていました。しかし、この血統やはり心配なのは気性面。この馬ゲート試験合格後一旦天栄に移動して最近美浦に戻って来たんですが、最初の追い切りのタイムが南Wで57.2-42.8-14.8。調整程度の追い切りだろうから気にする必要もないんでしょうけど、最後1Fだけちょっと時計かかってません?念のため天栄の兄に確認したところ、やはり「気性に難あり」ってことらしいです。まぁこの追い切りは私が気にし過ぎなんでしょうし、上みたいにコントロールが利かないほど酷いわけでもないんでしょうが、「確実性」がテーマなので,ダノンファンタジーを急遽2位指名にした次第です。
 今シーズンのもう一つのテーマは「中内田厩舎の馬を獲ること」。昨シーズン、ダノンプレミアムを逃したのは私の不明の致すところですが、その後獲ったタングルウッドもいい馬だったんですよねぇ。無事なら皐月賞やNHKマイルに出られたんじゃないかと思っています。勝てるとまではいいませんが。ちなみにタングルウッドが勝った新馬戦で3馬身差の3着がエポカドーロでした。今や堂々トップトレーナーの仲間入りを果たしたと思いますので、素直に乗っかりたいと思います。
 で、ダノンファンタジーですがPOG本に写真も情報もないし、中内田師のコメントも確認できなかったのでよくわかりませんが、「この時期に好時計を叩き出した中内田厩舎のDI産駒」ってだけで2位指名の理由は十分です。っていうか2位じゃないと単独指名できないっすよね。1・2位指名とダノンになりましたが別にダノックス推しなわけではなく偶々です。ネーミングセンスないのでできれば避けたいくらいですが・・・。
新馬戦の結果は2着と残念でしたが、3着に3・1/2差4着はそこから9馬身差と力は示しています。素直に勝ったグランアレグリアを褒めるしかないです。しかし強かったですね。藤沢さんの牝馬№1はシェーングランツ(DI×スタセリタ)だと思ってましたがこの馬かも知れません。いきなりクラシック有力候補誕生って感じですね。でも追い切りの本数がグランアレグリア11本に対してダノンファンタジーは6本。東京遠征でもあったし、今後縮まらない差ではないと思っております。しかし素直に土曜の阪神マイルに出せばいいのに・・・。川田シトラスノートが先約だったのかな。放牧に出てないんで続戦なんですかね。なるべく早く勝ちあがってもらって、暮れの大きい舞台でグランアレグリアと再戦して欲しいです。
 2位では、ブラヴァス(キンカメ×ヴィルシーナ)とソルドラード(ロードカナロア×ラドラーダ)が重複指名。ブラヴァスは友道師のお気に入りだし、7/8中京デビューということで早期からの活躍が期待されます。いい馬だと思いますが、これより獲りたいと思う馬がいたので3位指名候補にしておりました。ソルドラードも同じく3位指名候補。こっちの方が個人的には好きな馬体ですが、完全にマイラーって感じなのでこの位置に。
 その他ではサトノバリオス(DI×ヒアトゥウィン)・ワールドプレミア(DI×マンデラ)が2位指名候補,シェーングランツ(DI×スタセリタ)が3位指名候補と当たり前ですが高評価の馬ばかり。どれも何が悪いってのもなく、ブラヴァスと同じく他に獲りたい馬がいたってだけです。サトノバリオスはサトノワルキューレの下で牧場や池江さんの評価も高い馬ですよね、馬体見たかったなぁ。ワールドプレミアは好馬体だし、シェーングランツも姉に劣らず高評価で、パワフルかつバネのありそうな感じ。
ドナアトラエンテ(DI×ドナブリーニ)は4位指名候補と少し評価を落としましたが、愛馬ジェンティルドンナの下だし、これも好馬体。石坂厩舎だったら2位で本馬・ダノンファンタジー・ミディオーサどれを指名するかで相当迷ったと思います。一方でそのジェンティルドンナの仔モアナアネラ(父キンカメ)は石坂厩舎なんですが、馬体が気に入らなかったんですよねぇ。この馬だけリスト外でした。1歳馬の弟もキンカメなんですが、故障で募集中止みたいですね、残念。いつかジェンティルの仔を指名したいものです。
そしてフランクリン(DI×ロベルタ)。出ちゃいましたか。この馬は上にもありますが3位指名の予定でした。フランツの下ですね。昨シーズン私の指名馬で最もダービー出走が期待できた馬がフランツだったし、音無師念願のダービー制覇を応援したかったんですが、これも残念。この血統、毎年少しづつ体重が増えてきていて期待できそうですよね。フランツの臨戦過程を踏まえ早めデビューを考えているみたいです。ただ,まだトモも頼りないし成長途上な印象。早期デビューが吉と出るか凶と出るか、一抹の不安はあります。この不安が的中すると良いのですが・・・。

2位指名候補:サトノバリオス,ワールドプレミア
3位指名候補:フランクリン,ブラヴァス,ソルドラード,シェーングランツ
4位指名候補:ドナアトラエンテ  リスト外A:モアナアネラ
 ※ リスト外A=リストアップしたけど最終的に外した馬
   リスト外B=リストアップしていない馬

◎3位 ロードゼウス 牡 栗・中内田 DI×スピニングワイルドキャット(Hard Spun)
 馬体:A 配合:B 期待度:A+ 目標:ダービーで掲示板(いえいえ優勝なんて)

 フランクリンは獲られてしまいましたが、実は1位指名候補の馬が1頭残っておりました。それがこの馬。よく残っていてくれました。私が狙っている中内田厩舎の現時点での牡馬一番馬ではないでしょうか。昨シーズンの一番馬フォックスクリーク(あくまでドラフト時点で一番評価が高かった馬ってことです)も期間中2勝と,順調に使えなかったにも拘わらず最低限の結果を残していますし、早期入厩を果たしている(今週時計出してないんで少し不安なんですが、どうも阪神最終週の芝1800mデビューっぽいですね。ダノンプレミアムと一緒です。)本馬にはクラシック出走の期待をかけたいと思います。ダノンスマッシュの下になりますが、ロードカナロアからDIに替わって長い距離の方が向いていそうとのことなので、ダービーはダノンプレミアムを超える結果を残してくれればと思っております。
 ただ、一つ不安材料が。私、以前エイシンゼウスという馬を指名しておりまして、その時の栄進牧場の期待馬がそのエイシンゼウスとエイシンアポロンだったんです。同じGiant’s Causeway産駒で評価も同じくらいだったので、アポロンより全知全能の神ゼウスの方が期待度が高いんだろうという安易な考えのもとゼウスを指名して失敗したという苦い経験があります。今回、ロードHCに「ロードアポロン」はいないので大丈夫だとは思いますが、ゼウスという名前に一抹の不安が・・・。
 ここではミディオーサとアドマイヤジャスタ(ジャスタウェイ×アドマイヤテレサ)が重複指名。ミディオーサ自分から外しておいてなんですが、獲られるとショックですよね。アドマイヤジャスタは新種牡馬ジャスタウェイ産駒で一番手評価の馬。これも伸びのある好馬体で惹かれますが、須貝厩舎というのが少し引っかかりました。これは私の印象なので正確にどうかはわかりませんが、新種牡馬の初年度産駒って、種牡馬のいた厩舎の馬が注目されることが多いですが、あまり活躍馬が出ていないような気がするんですよね。というか別の厩舎から活躍馬がでているイメージ。今度暇な時に調べてみたいと思います。繰り返しますが馬自体はいいと思っております。
 ここでは、何と言ってもバイキングクラップ(ハーツクライ×マジックストーム)がショックでした。4位で指名する予定だった馬です。・・・まぁ4位は甘すぎるか。でも3位で獲るにはリスキーな気がするんですよねぇ。本来晩成血統だし、じっくり調整してるっぽいし、堀厩舎だし、ダービーには間に合わない予感も。でもサトノアラジンに引けを取らない好馬体で大物感たっぷり。あと、この母馬DIとで活躍馬を出していますが、配合的にはハーツクライの方が合ってるんじゃないかと思ってます。一発長打を狙える馬ですよね。ホウオウサーベル(ハーツクライ×バランセラ)もハーツクライ産駒の期待馬ですが、こちらは配合が気に入らなかったので評価を下げました。
 その他では、ランフォザローゼス(キンカメ×ラストグルーヴ)が気になりますかね、母指名してたもんで。兄リシュブールは素質の片鱗は見せたものの期待する結果は残せませんでしたが、この馬はリシュブールを一回り大きくしたような好馬体で、兄以上の活躍が期待できそう。セントレオナード(DI×リリーオブザヴァレー)は社台Fの大物候補。ですが私には昨シーズン指名したウェストブルックのトラウマがあるのでとても指名なんてできません。

2位指名候補・ミディオーサ    3位指名候補:アドマイヤジャスタ
4位指名候補:バイキングクラップ  5位指名候補:ランフォザローゼス・ホウオウサーベル
10位指名候補:トーセンカンビーナ  リスト外A:パロネラ・セントレオナード

◎4位 シークレットアイズ 牡 美・藤沢和 DI×ジョリージョコンド(Marju)
 馬体:B+ 配合:B+ 期待度:A 目標:ファストアプローチより稼ぐこと

 この時点で残っている上位指名候補は2位指名候補にシークレットアイズ、4位指名候補にシェドゥーヴル(オルフェーヴル×ヒルダズパッション)とサトノアクシス(DI×ヘアキティー)でした。で、素直に本馬を指名しました。なんの捻りもなくて申し訳ありません。そう言えば私、ドラフトの時「今回の指名馬はすべて入厩済か近々入厩する予定の馬」ってなこと言いましたが、この馬だけ違いましたね。重ねてお詫び申し上げます。
 この馬、札幌2歳Sで2着したファストアプローチの下になりますが、藤沢先生曰く「僕がずっと探していた牝系」の母を持ち込んでDIを付けた馬になります。牧場でも「キャンターから跳ねる感じでゴムのような走り」との評価で、当然ファストアプローチ以上の活躍が期待できると思っています。
 4位ではライル(DI×ライラックスアンドレース)が重複指名ですか。ラッキーライラックの下ですね。というか父DIだし、ラルクの全弟ということですね。この馬は馬体が堅い感じがするんですよね。背中のラインのせいですかねぇ。
 ここで気になるのは、キングスローズの2016(父ロードカナロア)。首が短いのがマイナスですが、なかなかの好馬体。距離はマイルくらいなのかも知れませんが馬主がNICKSだし気になります。あとはレーヴドゥラメール(ロードカナロア×レーヴディソール)。個人的には叔母のレーヴドカナロアより良く見えます。厩舎も若手の有望株の一人だし指名も考えていましたが、入厩が延期になってしまったので控えました。といっても4位じゃ獲れないですけどね。どこか悪いわけではなく、成長期に入ったので成長を促すってことみたいです。あとはコントラチェック(DI×リッチダンサー)ですか。これはフラットレーのトラウマが・・・今年はトラウマばっかです。どうなんでしょ?牝馬なら大丈夫なんですかね?以外にもこの血統初のDIなんですね。なんにせよ気性次第ですね、この血統は。

5位指名候補:キングスローズの2016  6位指名候補:レーヴドゥラメール
7位指名候補:ダンスディライト     10位指名候補:ライル
リスト外A:コントラチェック・レーヴドカナロア・レインデートの2016・キスラー

ということで、今回は4位まで。続きはまたそのうちってことで。

 最後に今週出る7位指名のアウィルアウェイ(ジャスタウェイ×ウィルパワー)について少し。この馬、早期入厩でPOG本には馬体は載っていないんですが、高野師の評価が高く、特に「物怖じしないメンタル面の強さが素晴らしい」というコメントに惹かれてリストに入れてました。で、実際の追い切りも動いてるし、師の評価も「順調」「性格もいい」「体幹もしっかりしている」「ゲートも速い」「能力を感じる馬」と変わらぬ高評価。1200mでの始動ですが、距離を延ばしても対応できるとのことなので、アカネサスも獲られちゃったし、いっとくか!って感じで指名しました。一つ気になるのは、やはり1200mを使うこと。現状気が良すぎて行ってしまうのかも知れません。まぁ個人的には、新馬・フェニックスS・小倉2歳Sとか3連勝でも決めてくれれば1200mでも言うことないですけどね。とにかく評判通り勝ち上がってくれることを祈ってます。勝っても今週はサートゥルナーリアいるから霞んじゃうんだろうな・・・。
 

ヒガシへ ありがとう。

 投稿者:いまきち  投稿日:2018年 6月 2日(土)11時10分27秒
  サイトへの指名馬入力,ありがとう。
確認しました。

2018シーズンは,優勝争いに参加していることが目標です。
まずは明日,2連勝するぞ。
 

1位指名予告

 投稿者:うえさ  投稿日:2018年 6月 1日(金)00時46分13秒
  ようやくリストできました

1位はサミターでいきます!
 

(無題)

 投稿者:こむろ  投稿日:2018年 6月 1日(金)00時06分6秒
  サシウマ、ぜひ!  

へちょ様へ(対戦継続要望)

 投稿者:いまきち  投稿日:2018年 5月28日(月)22時28分42秒
  へちょ様

今シーズン(2017-2018)は完敗でした。

次シーズンもサシウマ勝負,継続でお願いします。
 

追加指名

 投稿者:みぞ  投稿日:2018年 2月16日(金)03時53分40秒
  デサフィアンテ  

追加指名

 投稿者:ふくざわ  投稿日:2018年 1月25日(木)21時58分25秒
  15 グロンディオーズ 牡
父 ルーラーシップ
母 シェリール
田村康仁厩舎
 

追加

 投稿者:かめ  投稿日:2018年 1月11日(木)22時18分23秒
  プレビアス  

レンタル掲示板
/73