teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


還暦

 投稿者:シンゾウ  投稿日:2009年 2月 4日(水)06時01分9秒
  少し太り気味の私。先日、還暦祝いを熱田神宮でご祈祷してもらいました。併せて家内安全も。久しぶりに家族が揃い、私はにこにこしていました。よくここまでこれたものだと。うれしいことに数年間取り組んできた京都検定1級に合格しました。寝る間を惜しみながらの勉強でしたので、喜びも大きなものでした。  
 

シンゾウさん、お初です。

 投稿者:クロ  投稿日:2008年 2月21日(木)14時42分32秒
  シンゾウさん、はじめまして。
心臓病と自転車で検索して、本日、シンゾウさんのHPを見つけました。

当方45才。趣味はオートバイによる長距離ツーリング。
タバコ、コーヒー、コーラを繰り返し、ストレスが重なり、体調を崩しました。
去年の10月より一念発起し、自転車に乗り始め、見事に自転車にハマりましたが、
すこし遅すぎたようです。
今年の1/11に緊急入院して、心筋梗塞(心停止、カウンターショック3回でやっと蘇生)となり、
1/31に退院となりました。

これからHPを拝見させていただきます。
また、病後の自転車との付き合い方など、
アドバイスをいただければうれしいと
かってに思っています(笑い)。
よろしくお願いします。
 

メールしたの忘れてました

 投稿者:たけうち  投稿日:2007年12月26日(水)23時09分12秒
  シンゾウさん、ご無沙汰しておりました。実はこのメールの事を忘れていました〔すみません〕すみませんのついでにもうひとつ追加、私自身はホームページは作っておりません。たった一人の徒歩の旅ですから、それほど自慢するほどではありません、いわば自己満足で十分です。只、定年までいた職場では、徒歩の旅の連載を書いており、また、当時は新聞各社取り上げておりました。現在は専業の傍ら、「旅と病気」を絡めていかに再起するかの講演活動もおこなつております。一歩一歩徒歩の旅と同じように、地道な努力が必要に思います。  

シンゾウさんへ

 投稿者:なあこ  投稿日:2007年11月29日(木)16時07分56秒
  ありがとうございます。
色々な方面へ、相談に行きたいと思います。
今は、家族一致団結で病気と闘っていきます。
皆さんの励ましが、私たちの心の支えです。
 

なあこさんへ

 投稿者:シンゾウ  投稿日:2007年11月29日(木)05時48分56秒
   文面から心労の大きさが伝わってきました。こんな混迷した社会ですが、こういった問題を相談する機関は多くあります。的確な回答があるかどうかは別にして、まず一度相談されてはいかがでしょうか。病院のケースワーカー、市町村役場 等々あるはずです。頑張ってください。  

たけうちさんへ

 投稿者:シンゾウ  投稿日:2007年11月29日(木)05時42分46秒
   勇気付けられました。やはり何故こんな病気になったのかと後ろ向きに考えるのではなく、前向きに考えるのが一番ですね。たけうちさんはホームページをお持ちでしょうか。「歴史街道列島縦断徒歩の旅」の回顧録、見たいですね。  

感染性心内膜炎

 投稿者:なあこ  投稿日:2007年11月27日(火)11時14分43秒
  はじめまして。11月23日通勤中に兄が感染性心内膜炎による心原性塞栓症で倒れました。
現状は、右半身麻痺と言語障害です。今は、抗生剤の投与で熱が下がってきたようですが
今後どういった治療が行われていくのでしょうか?
兄には、自覚症状があり現在入院中の病院で血管内科・心臓内科に受診しておりましたが
こんな結果になってしまった事が悔やんでも悔やみきれません。
私たち、家族は今後どうしていったら良いのでしょうか?
 

バイパスはお友達

 投稿者:たけうち  投稿日:2007年11月24日(土)23時15分0秒
  はじめまして、実は私は現在63才の行政書士その他色々な仕事を持つ横浜の男です。実は私も49歳の時に狭心症でバイパス手術をやり、現在もサイボーグ人間です。私の場合は、八時間の人工心肺での手術、そして8日間意識不明、2日目に東部に近い血管が詰まって意識を回復したときには、左半身不随でした、しかし、それも今は完治して、健康な生活を送り、この足で青森から鹿児島知覧までの「歴史街道列島縦断徒歩の旅」を完成しております、その後は色々なことに挑戦しております、人は目標を持ち、死ぬまでそれに挑戦し続けることが大切かな、これからも何事にもあきらめずがんばってください。  

原点へ

 投稿者:シンゾウ  投稿日:2007年10月 3日(水)07時19分40秒
  心臓バイパス手術を受け4年を経過しました。心臓への不安が薄れた昨今、私の食欲は半端じゃありません。運動量も減り、太りに太ってしまいました。退院時67kgの体重が77kgまで増えてしまいました。仕事等のストレスが多くなったのも過食の大きな要因なのですが。自制心がないことこの上ないのです。
 原点に返ってみる。この基本を実践しようと思っています。あの心臓で苦しめながらも頑張った日々、家族に迷惑をかけたことを思い出して。 頑張れるよな....
 

ワイヤレス12誘導心電計で、世界へ文献を発信されませんか

 投稿者:パソコン心電計  投稿日:2007年 9月17日(月)09時03分48秒
  2007年4月厚生労働省から認可された、最新のブルーツース無線の
方法で全く新しく開発された心電計です。
安静時、歩行、エアロビクス、マスターステップ、エルゴメータ、トレッドミル、
などの動作中に、一貫して、同じ患者或いは健常人の心電図を一連に
リアルタイム、同時に、監視、記憶、記録、転送ができます。
不整脈、冠疾患など心の臓疾患、高血圧、糖尿病、内分泌、透析、
自律神経疾患等の病態解析、薬効効果、運動療法、リハビリ等の
医学文献の解析方法としてご提案申し上げます。
更に、当心電計からは、RR間隔、心電図波形のディジタル化データが
得られますので、自律神経や、関連周波数解析などが可能です。
当心電計は、不整脈解析の心電計、負荷試験の心電計、リアルタイム解析の
心電計、連続波形モニターの心電計、遠隔同時表示の心電計、
心電図データマネイジメント、等の機能を有します。
同じ会社からの、非観血血圧計付ホルタ心電計も近々発売します。

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna2/

 

レンタル掲示板
/10