teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


北斗星・定期列車ラストラン

 投稿者:いとっち  投稿日:2015年 3月14日(土)11時46分30秒
返信・引用
  ついに寝台特急・北斗星がラストラン!
朝からTV局のヘリコプターが自宅の上空に飛んでいました。
かがやき号と北斗星号を大宮周辺で撮ろうということでしょうか?
上野行きの列車を近所の線路わきから見送りました!
北斗星には、サハリン旅行からの帰りに札幌~上野間乗りました。
その後、乗る機会に恵まれなかったのが残念です。

今日は北陸新幹線の開通!
東武鉄道も、これにあやかろうと大宮~東京スカイツリー・浅草を直通で結ぶ臨時快速列車を運行!今日は新旧入り混じる日ですね!

http://youtu.be/hrWH7FhgYIs

 
    (管理人(いっしん)) いとっち様こんばんは。
ご来館ありがとうございました。
最近PCの調子が悪く、リカバリーなどしておりましてご返信が遅くなりすみません。
今回のダイヤ改正は北陸新幹線や上野東京ラインの開業などの明るい話題の一方で、トワイライトや北斗星の引退など実に悲喜こもごもといった改正でしたね。
とりわけ北陸新幹線では両端の都市は大変便利になったけれども,途中の間、あるいは途中の駅から周辺への行き来は分断されて、むしろ不便になったような気がいたします。
とりわけ、並行在来線の3セク化は、私ども青春18切符愛好家には行動範囲が狭められて移動しずらくなってしまいました。
まぁ、これも時代の流れと諦めております。

東武鉄道はこのところスカイツリー効果もあり、積極的な経営戦略が感じられますが、私の地元「セーブ電車」はなんだか時代に取り残されたような感じがいたします。
セーブ電車もJRや東武のように、旧来の路線範囲にこだわらない横断的な列車の運行をぜひとも検討してほしいものです。
 
 

いよいよ3月

 投稿者:上尾急行電鉄  投稿日:2015年 2月28日(土)11時50分32秒
返信・引用 編集済
  いっしん館長様、こんにちは。いよいよ3月になりますね。
気分的にも明るくなります。
そして、3月といえばJRグループのダイヤ改正でして、北陸新幹線、上野東京ライン開通になります。
個人的には、1年に1~2回利用するかどうかの北陸新幹線開通以上に、上野東京ライン開通のほうがより身近な話題です。
最寄駅の上尾駅のダイヤ改正時刻を見ましたら、伊東行き、沼津行き、熱海行きの運用がありまして、なかなか感動します!!
全部が全部、上野東京ラインとして東海道線に直通せず、上野始終着電車も存在しているため、
東京駅から帰宅する場合、東京駅で高崎線直通の上野東京ラインを待てばよいのか、上野駅まで山手線などで移動してから、上野始発電車に乗ったほうがよいのか、迷うことになりそうです。

JRは国鉄時代の名残なのか、私鉄に比べて本数が少なめで、かつ、なかなかパターンダイヤにしません。
というわけで、ダイヤ改正したら私はまず、上野東京ラインに乗車します。
そして日を改めて、鉄道全線完乗のためにも北陸新幹線で金沢に行きたいと思います。

いっしん館長さまも北陸新幹線乗車を計画されてみてはいかがでしょうか?
それでは、失礼致します。

(写真は高崎線E233系)
 
    (管理人(いっしん)) 上尾急行様こんにちは。
3月に入り悲喜交々のJRダイヤ改正も間もなくですね。
北陸新幹線や上野東京ライン開業などの華々しい話題や名物列車の引退などに注目が集まりがちですが、意外と身近なところでは結構「こっそりと」ダイヤ改悪なども見受けられます。
東京都下では、五日市線と八高線が利用客の減少を理由に、データイム1時間当たり3本から2本に削減されます。
時折利用する私は何気に結構厳しいかなと思っております。まぁ乗る人がいないのでは仕方がないですが。

北陸新幹線の長野から先は折を見て乗りに行きたいと思っております。
それではまた。
 

Re: 節分、立春、青春18きっぷの春

 投稿者:らはのし  投稿日:2015年 2月 6日(金)16時18分32秒
返信・引用
  > No.628[元記事へ]

>いっしん館長様、こんにちは。昨秋に異動があったのですね。
私くしも異動の経験がありますが、新しく覚える事が多く初年度は何かと大変ですが、逆に色々な職場を経験する事によって知識も豊富になり、後々、その知識が何かしら役立つ事もあるかも知れませんし、前向きに考えて頑張って下さい!

そうそう、中央快速線への導入が決まったグリーン車ですが、私くしもいっしん館長様と同感です。
ロングシートの車内では少々気がひける、旅行途中や仕事帰りのチョイ飲みの場として、はたまたグループでの社交の場などにも使えそうですよね。
利用区間の長短やそれに伴う時間などと重ねるのは、グリーン車を利用する者しない者それぞれの価値観の違いですしね。私くしは良いと思います。
それでは、失礼致します。
 

節分、立春、青春18きっぷの春

 投稿者:らはのし  投稿日:2015年 2月 5日(木)16時03分27秒
返信・引用
  いっしん館長様、こんにちは。お元気でいらっしゃいますか?

今、鉄道ファンから一般の人まで、巷で話題騒然の東京駅開業100周年記念Suica、いっしん館長様は申込みされましたでしょうか?
この記念Suica、JR東日本が用意した10万枚を遥かに上回り、一昨日迄の申込み枚数が実に316万枚というから驚きです!ちなみに、JR東日本が一年間に発行するSuicaの枚数は300~400万枚だそうで、その数字からもこの申込み枚数の凄さが想像出来ます。
JR東日本では増刷をして対応するそうですが、申込みの締切が週明けの9日との事なので、申込み枚数はまだまだ増え続けそうですね。
先日、私くしも申込みましたが、果たしていつ手元に届くのか、気長に待つ事にしております。

さて、月日の経つのは本当に早いもので、昨日は立春、暦の上では春を迎えました。そして我ら鈍行トラベラーの強い味方・春の青春18きっぷ発売開始まで後15日となりました。
この春は、北陸新幹線の金沢延伸開業や、それに伴う信越本線長野-直江津間・北陸本線直江津-金沢間の経営移管、客車列車最後の寝台特急トワイライトエクスプレス・北斗星の廃止・臨時化などに話題が集まっておりますが、この春も私くしは趣味の歴史的価値の高い木造駅舎へ、鈍行列車の如く地道に丹念に訪れる旅を続けて行こうかと計画しております。
また、既にJR全線完乗を達成した者として、新たに開業する北陸新幹線の延伸区間乗車も視野に入れて旅程を練っております。

いっしん館長様はこの春どちらかへお出掛けされるご予定でしょうか?
今日、東京では春先にかけて良くある、雪の降るあいにくの空模様ですが、気温の変化でお風邪など召されぬ様、いっしん館長様も体調にお気を付け下さいね。
それでは、失礼致します。
 
    (管理人) らはのしさま
こんばんは。
春の青春18きっぷ発売まで、もう間もなくですね。らはのし様は、全線完乗後のライフワークである「木造駅舎訪問」をテーマにあちこち旅されるご予定とのことで発売が待ち遠しいですね。
私は、昨秋から異動になった職場は3連休以上の休暇取得はほぼ不可能なので、当分は長旅はできなくなりました。
まぁ、旅好きの私にすれば「飼い殺し」とか「生き地獄」の様相ではありますが、定年まで永久に、という訳ではありませんので、向こう数年はおとなしく、”来るべき日のための貯蓄と充電の日々”と自分に言い聞かせております。
一方、平日がお休みになりましたので、最近は、これまた先日買い換えたばかりの10年ぶりのMT車で、ドライブがてら近郊の日帰り温泉を楽しんでおります。
最近のMT車は、いろいろ便利機能が付いていておどろかされます。
たとえば、坂道発進時、車が下がらないようロックがかかるのでサイドブレーキを引かなくてもよい。とか、低燃費走行をコンピューターが計算し、今4速に入れろとか、5速に入れろとか表示されるなどです。
らはのし様もたまには自動車でのドライブなどもいかがですか?

そうそう、東京駅記念suica、私も予約しましたが、316万枚とは凄いですね。ざっと60億円以上の売り上げ増でJR東日本もご満悦でしょう。
限定発売当日は、早朝から並んだにもかかわらず、発売が途中で打ち切りになり怒号が飛び交ったものですが、それがメディアで大々的に報道されたこともあり、記念suicaは大して関心のなかった層にまで知れ渡ってこのような大盛況な結果になったのでしょう。
やはりタダでは転ばないJR東日本。国鉄時代とは商売への執念が違います。すごいですね。

この勢いで、昨日発表された中央快速線へのグリーン車投入も成功させていただきたいものです。
・・・関係ないか。

駅間距離が短いとか短区間利用が多いから無駄、とかいろいろ意見が飛び交っておりますが,
私はたぶんG車常連になるでしょう。やっぱりたとえ30分ほどの乗車でも缶ビールとか缶チューハイ飲みながら乗りたいですよね。
らはのし様はいかが思いますか?
 

上毛電鉄

 投稿者:  投稿日:2015年 2月 4日(水)15時06分11秒
返信・引用
  いっしん館長様ごぶさたしております。
1月のとある平日に上毛電鉄のデバ1形を会社の労働組合のイベントで貸し切りで乗車する機会があり、八高線、両毛線経由で前橋中央駅から上毛電鉄で大胡駅まで行き旧型電車で一往復し、帰路は熊谷からバスで東松山へ行き、打ち上げで名物焼き鳥で一杯と1日満喫して参りました。
久しぶりに聞く釣り掛式の独特のモーター音を楽しみ昭和の頃に乗った旧型国電を思い出しました。
 
    (管理人(いっしん)) 新さま
お久しぶりです。
この度は上毛電鉄で古豪デハ1型電車に乗ってこられたとのこと。労働組合のイベントとのことですが凄いですね。
私は一度も乗ったことがありませんが、今となっては貴重な「釣りかけモーターサウンド」を十分楽しまれたことでしょう。
私は平成に入っても現役だった西武鉄道クモハ351系電車に毎日乗っておりましたが、あの重低音と窓がカタカタと振動する独特の走りだしを思い出しました。
話は変わりますが、熊谷と言えば、今の職場の隣の部署の課長さんは妻沼のご出身で、先日、ふと昭和58年に廃止になった東武熊谷線の話になって、「昔よく乗った」と懐かしそうに話しておられました。
今も、熊谷線の車両は妻沼の公民館に大切に保存されていますが、お立ち寄りにはならなかったのでしょうか。
機会があればぜひお立ち寄りください。
 

節分、立春

 投稿者:上尾急行電鉄  投稿日:2015年 2月 1日(日)10時43分15秒
返信・引用 編集済
  いっしん館長様、おはようございます。本日から2月ですね。いかがお過ごしでしょうか?

もうすぐ節分、そして立春ですね。日差しも気分的にも明るくなる季節です。

2月は旅行するかわかりませんが、3月は北陸新幹線で富山、金沢に旅行しようと考えております。
今春は北陸新幹線、上野東京ラインが開通します。また、5月下旬より仙台~石巻間を結ぶ新しい運行系統「仙石東北ライン」が運行を開始します。これは、東北本線と仙石線の線路が近接する部分に、渡り線(仙石線・東北本線接続線)を整備、仙台駅から塩釜駅まで東北本線を走行し、ここから接続線で仙石線に移って高城町駅の手前から石巻駅まで仙石線を走行とのことでして、開通が楽しみですね。

もう少し暖かくなったら東北、北海道旅行をしたいと考えています。

また、台湾旅行もして、台湾鉄路局の乗り残し区間(宜蘭線 蘇澳~蘇澳新の3キロ)や台北地下鉄MRT全線完乗を達成しつつ、古い町並み(台湾では老街といいます)や夜市に足を運びたいと思います。

いっしん館長様も、有給休暇を取得して温泉旅行などをされてみてはいかがでしょうか?
それでは失礼します。

(写真は上段:台北MRT新交通 文湖線車両、中段:台湾鉄路局の交流電気機関車E400型、
    下段:高雄MRT地下鉄 紅線車両)


 
    (管理人(いっしん)) 上尾急行様こんばんは。
節分、立春を過ぎ暦の上では春となりましたが、関東地方は今日は雪がちらつく寒い日でしたね。
まさに名曲「早春賦」の歌詞の通り、♪春は名のみの風の寒さや です。
さて、上尾急行様は台湾へご旅行なさって、彼の地の鉄道に乗り車窓をたのしまれたとのことでお写真ありがとうございました。
日本の鉄道のみならず、時には海外の鉄道に揺られてみるのも実に楽しいことですね。
私の友人に「台湾に行きたいわ~ん」などと、かなりお寒いおやじギャグを飛ばす人がいますが、その実、海外など、ふた昔も前に一度行ったきり、なんて事だったりしちゃったりしているのを私は知っています。
それはさておき、この春以降、北陸新幹線の延伸開業で北陸が脚光を浴びていますよね。最近テレビでもJR西日本の北陸新幹線スポットCMなどを見るにつけ、実感してまいりました。
そのうち私も利用して北陸方面を旅してみたいものです。
それではまた。
 

年の瀬

 投稿者:いとっち  投稿日:2014年12月30日(火)11時31分59秒
返信・引用
  いっしん様、こんばんは。
今年も残りわずかですね。
昨日で仕事を終え家の片づけをしています。
ベランダから見える新幹線には多くの帰省客が乗っているようです。
近所の鉄道博物館は、リニューアルで大きくなるようで、家の前の道がますます混雑しそうです。
地元民の裏ワザとしては、鉄道博物館の先にあるお風呂カフェの駐車場に止めちゃうという事が出来るんですが、遠方からの方は律儀に駐車場の入庫待ちしています。

年明けは、長野で、外国人に大人気の温泉につかる野生の猿など見たいな~などと考えています。
では、来年もよろしくお願いいたします。

http://jeeptruk.web.fc2.com/siberiaF.html

 
    (管理人(いっしん)) いとっちさま
ご無沙汰しております。掲示板への書き込みありがとうございました。
平成26年も間もなく終わりですね。来年も健康で良い旅ができますようお祈りいたしております。

年明けにはさっそく信州方面へ旅に出られるとのことで羨ましいです。
私は、この秋から、シフト制の職場に変わり、休みが変則になったので、これまでのような、まとまった休みが取りづらくなり遠方への旅はできなくなりました。(この年末年始ももちろん仕事なんですよ。)
今まで、割かし好き放題やっておりましたので、しばらくは金銭面も含めて充電期間と言い聞かせております。

またお目にかかる機会がありましたら、ぜひ異国の旅の話でもお聞かせください。
来年も宜しくお願いいたします。
 

師走

 投稿者:上尾急行電鉄  投稿日:2014年11月30日(日)20時41分1秒
返信・引用 編集済
  いっしん館長様、こんばんは。明日から12月ですね。いかがお過ごしでしょうか?

先日、私は、紀行作家の宮脇俊三先生の著書「台湾鉄路千公里」を読んで以来、ずっと行きたいと思っていた台湾を旅行してまいりました。

台湾島を台湾鉄路局や台湾高速鉄道(台湾新幹線)で一周して、ついでに人気のローカル線、平渓(ピンシー)線や、サトウキビ運搬用トロッコの保存鉄道にも乗車しました。

また、宮崎駿監督のスタジオジブリアニメ映画のモデルになった古い町、九份(ジョウフェン)にも行ってまいりました。石段が多く軒先に多数の赤い提灯がぶら下がって独特の雰囲気を醸し出していて、結界というか、異次元の世界に入り込んだような幻想的で魅力的な町でした。そして、その小さな町が、観光客で大変混雑していました。ものすごい活気です。


漢民族とは違う原住民族が多い東部台湾では、乱暴運転バスで太魯閣(タロコ)渓谷に足を伸ばして、その断崖絶壁の高低差に驚愕しました。

台北では、地上508メートルもある台北101ビルの展望台にも昇ったり、深夜まで賑やかな士林の夜市にも足を伸ばして、台湾の活気を肌で感じました。

台湾の人は全般的に親切でしたが、どういうわけか、台湾鉄路局の駅職員は年配職員を中心に接客が横柄でした。

なお、世界的に有名な阿里山鉄道は、路盤崩落による不通区間の全線復旧をしていませんので、いずれ機会をつくって再び台湾を訪れたいと考えています。

台湾がこれほど活気があって魅力的なところということを、実際に旅行して体感いたしました。
タクシーやオートバイの乱暴運転は安全意識向上してもらいたいですが。

また台湾を訪問できる日を楽しみにしております。

もうすぐ、12月。今年もあと一か月ですね。体調を崩さないように気を付けたいところです。
それでは、失礼致します。

(写真は上段:台湾新幹線700T型、中段:台湾鉄路局の日本製通勤電車EMU700
(通称は阿福(ドラえもんに登場するスネ夫の台湾名))、下段は魅力的な九份の石段と町並み)
 
    (管理人(いっしん)) 上尾急行様こんにちは
台湾にご旅行なさったとのことで書き込みとお写真ありがとうございました。
私も台湾鉄道旅行をしてみたいなと思っておりましたが、最近、連休を取るのが難しい職場に異動になり、これまでのような、比較的自由気ままな?旅行は向こう数年間はできそうになくちょっぴり残念です。
ですが、しばらく旅行資金の貯金と旅行計画を策定する、いわば充電期間と思いしばらくおとなしくしていようと思っています。

頂いたお写真の”九份の石段と町並み”はたしかに宮崎駿アニメで見たような光景ですね。
私もいつかたずねてみたいです。

それでは今年もあと1カ月。上尾急行様も体調にお気をつけてお過ごしください。
 

霜月

 投稿者:上尾急行電鉄  投稿日:2014年10月31日(金)22時52分49秒
返信・引用 編集済
  いっしん館長様、こんばんは。明日から11月ですね。いかがお過ごしでしょうか?

今月は、月末に温泉旅行を計画していまして、静岡県に行く予定です。
東海道線の由比付近は景色が良いので、東京から三島まで新幹線に乗車して、三島から静岡までは東海道線に乗車、更に静岡鉄道にも乗車してみたいと考えています。

そういえば私が中学生の頃まで清水から国鉄清水港線という路線があり、1日1往復しか列車が走っておらず、それも貨物との混合編成の客車でした。乗りたいと思いつつ、乗れなかった路線。
当時中学生だった私には、どうしようもありません。
私が鉄道全線完乗を目指したのは、そのようなことがあったからでしょうか。


何はともあれ、お互い楽しい鉄道旅行を満喫したいですね!!それでは、失礼致します。
 
    (管理人(いっしん)) 上尾急行様こんにちは。
いつもありがとうございます。今月は静岡方面に温泉旅行に行かれるとのことで良いですね。
楽しんでらしてください。
今はなき清水港線のお話が出ていますが、一日一往復の客車列車に、たしか可動橋なんかも路線にあったかと。私も同様、当時中学生で、愛読していた鉄道雑誌で時折情報を入手する程度でした。
今ならすぐにでも乗りに行けますが、さすがに中学生ですとちょっと冒険ですよね。

最近の私は、かつて、興味はあっても乗れなかった路線(すでに廃線となった)を訪ねることを旅の目的にしたりしていますよ。
一種の「廃線歩き」ですね。そのため、公共の交通機関でまわるには限界がありますので、レンタカーを利用したりしながら、例えるなら、点から線、線から面へと広げて、美しい日本の風景をつぶさに見て歩く気持ちで旅しております。
私の場合、全線完乗は、今のペースですと、まだ数年かかると思われますので、ただ単に未乗車区間の乗り潰しだけでなく、枝葉をつけて奥行きや幅をつけながら楽しんで参りたいと思っております。
それではまた。
 

長月

 投稿者:上尾急行電鉄  投稿日:2014年 8月31日(日)20時48分7秒
返信・引用 編集済
  いっしん館長様、こんばんは。明日から9月、涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
秋は気温が下がり、旅行にも良いシーズンです。食欲の秋、読書の秋ですね。

ところで、いっしん館長さまは、何歳頃から鉄道や旅行にご興味を持たれたのでしょうか?また、人生で最初に乗車したと思われる電車は何だったのでしょうか?
私の場合、東京の小金井市で生まれ育ち、自宅の近所には中央線快速電車の武蔵小金井電車区の車庫があり、母は赤ちゃんの頃の私が泣くと、私を泣きやませるために、武蔵小金井電車区におんぶして行って電車を見せていたそうです。そして、私は電車を見るとすぐに泣きやんだそうです。
そういう意味では、赤ちゃんの頃からの電車好きだったといえます。

そして、人生最初に乗車した電車は間違いなく、中央線快速電車のオレンジ色の国鉄101系!
当時は201系どころか、103系も未投入(年齢が推測されそうです)、武蔵小金井駅には
特急や急行、中央東線普通列車も停まりませんので、ほぼ確実に中央線快速電車の国鉄101系でした。

今となっては国鉄101系電車は遠い昔の昭和の思い出の電車です。

さて、秋は旅行の秋でもありますので、そのうちに北海道に行こうかと存じます。
お互い、大いに旅を楽しみましょう。
それでは失礼いたします。



 
    (管理人(いっしん)) 上尾急行様こんばんは。
早いものでもう9月になりますね。
さて、ご質問の件ですが、私の鉄道好きのきっかけは、私が子供の頃から母の実家へ行くために乗った列車、今は亡き信越線経由の長距離特急電車「白山号」でしょうか。
我が家は、父親が仕事の関係でほとんど家にいなかったため、それこそ年がら年中、母親はこの列車で東京と新潟の実家との間をを往復していたのです。
ですから、小さいころの私の旅と言えばこの列車をおいてほかにありません。もっとも、多客期は指定券の取りづらい人気列車でしたから、時々は上越線周りの同じく金沢行きの特急はくたか号に乗ることもありました。
しかし上越線周りのこの列車は、母は「上越線は揺れるから厭だ。」とよく申しておりましたが。
折しも来春3月14日に北陸新幹線が金沢延伸となり東京金沢間の所要時間は最速のかがやき号で3時間半を切ると聞いております。
手持ちの昭和58年11月号の時刻表によると、特急白山1号は上野駅を9:00ちょうどに発車し、終着駅金沢に15:49に到着するダイヤです。その所要時間はなんと6時間49分。
ほぼ倍です。しかし時間はかかりますが当時の白山号は食堂車・グリーン車を含む堂々の12両編成。この頃はモノクラス2両編成でも特急なんていう、白山号から比べるとおよそ特急とは言えないようなチープな列車も多々ある近頃からすれば、その風格たるや比べ物になりません。
そして、乗務員も真っ白なスーツに専務車掌の赤い腕章が実にかっこよかった。
夏は、たいてい霧に包まれた碓氷峠を、補助機関車を連結してゆっくりと越える風景、峠の釜めし売りのおじさんたち、妙高高原駅から見えたスキー場、直江津駅での方向転換、などなど。
いまやすべて遠い過去の1ページですが、いずれも、今の私の旅のスタイルを形作った大事な思い出です。
私の鉄道旅の原点は、やっぱり特急白山号です。
 

レンタル掲示板
/60