teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


東武鉄道 SL「大樹」

 投稿者:いとち  投稿日:2017年 9月10日(日)03時17分3秒
返信・引用
  9月に入っても猛暑が続く関東地方ですが、如何お過ごしでしょうか?
北朝鮮の建国記念日で、緊張高まる日ではありましたが、東武鉄道がSL復活プロジェクトでC11を東武鬼怒川線に走らせているというので、さっそく「大樹」号に乗ってきました。
前日に天気予報を見て決めたので、座席が残っているのは朝一、下今市から出発する1号だけだったので、朝早く行ってきました。
旧型客車とはいえ、秩父鉄道のSL列車と違い冷房完備の14系客車はこの猛暑の中では快適でした。
JRのSL列車に比べるとこじんまりとしているので、写真を撮ったりするのも比較的容易でした。
東武鉄道と地元が社運を賭けたプロジェクトで、沿線ではSL列車に手を振ろう!というキャンペーンをやっていたり、30分という短い乗車時間ですが、車内販売、写真撮影など、怒涛のイベントでした。各車両のアテンダントも、結構、気合入れて感じの良い女性を集めたという感じです。車内で配られた手書きのSLアテンダント通信創刊号も、かなりマニア受けしそうな萌えな内容でした。
私はスケジュールの関係で見ることができませんでしたが、駅前で、転車台での機関車の回転なども見られるのもなかなか芸が細かいです。
埼玉県東部や東京北東部の方は、東武特急で下今市まですぐなので、お手軽SL体験には良いと思います。
下今市から鬼怒川温泉までSL列車に乗って、そのまま鬼怒川温泉の温泉宿というお客さんも結構いました。
時間的には、温泉宿とセットの方は、3号がお昼のいい時間ですね。
ちょうど、東武ワールドスクエア駅も夏に開業したので、少数ではありますが降りていく家族連れもいました。
SL列車で、鬼怒川線沿線の活性化という目論見は今のところ当たっている感じです。
日光線は、ほっといても世界遺産の日光の社寺があるので安定といったところでしょうか。
冬場、温泉宿とセットで、雪景色の中で、また乗ってみたいと思いました。

https://youtu.be/EIR3pYAfW3o

 
    (管理人(いっしん)) いとちさま
こんにちは。
東武鉄道のSLプロジェクトSL大樹号にさっそくご乗車なさったとのことでお写真ありがとうございました。
14系客車はもともと波動用の特急用客車なので12系とは異なりリクライニングシートに冷暖房完備なので、快適ですがいかんせん設計が古く、現在の特急普通車の設備からすると時代を感じますね。
でも30分少々の汽車の旅ですから、大した苦にはならないでしょう。
西武秩父線あたりでも、貨物輸送がなくなり線路に余裕がありますからSLでも走らせればいいのにとも思いますが、勾配と長大トンネルで無理でしょうね。
今は、せいぜい秩父鉄道のSLを西武秩父駅に寄らせる程度ですが、横瀬始発にして長瀞・熊谷方面に運転してみてはどうかなとも思いますがシロートの浅はかな願望にすぎません。
積極攻勢の東武や、大胆に「新型旧型客車」を新造したJR西が羨ましい限りです。
 
 

ALLEGRO号(ヘルシンキ~サンクトペテルブルグ)

 投稿者:いとち  投稿日:2017年 8月19日(土)02時27分16秒
返信・引用
  先日、フィンランド・ヘルシンキとロシア・サンクトペテルブルグを3時間半で結ぶ国際列車ALLEGRO号に乗ってきました。
かつて半日かかっていたこのルートを3時間台で走れるようになったことは画期的だったそうです。よく飛行機と鉄道のシェアの分岐点が4時間と言われていますので、その意味でALLEGRO号は成功と言えるでしょう。
また、国境越えの列車ですが、車内で全て出国審査、税関、入国審査まで行われるので、飛行機のように出発前と到着後に審査や荷物のピックアップで時間を取られることもなく、実に合理的なシステムの列車でした。
肝心の乗り心地というと、やはり専用軌道を走るわけではないので、速度を上げると日本の新幹線にはない微妙な揺れが続き、乗り物に弱い方はちょっと辛いと思います。
食堂車や免税品の販売もあり、サービスも悪くなかったです。
座席に電源が付いていましたが、日本とコンセントの形状が違うので変換プラグがないとつなげないのが痛いです。飛行機の座席ようにUSB電源供給でよいのに、。
車窓は都市部を抜けると、北海道のような風景が広がっていました。
ロシアでも西側なので、シベリア鉄道ほど、原野の中を走るという感じではありませんでした。
フィンランドの鉄道は総じて綺麗で快適でしたが、最終日、空港に行こうと思ったら理由はわかりませんが全線運休で、タクシーで空港まで行く羽目になりました。
通常の案内は英語表記が表示されるのですが、運休の案内はフィンランド語だけで意味不明でした。ヘルシンキ中央駅に来ていたのは旅行者らしき人ばかりだったので、現地の人はあらかじめこの運休を知っていたのかもしれません。
ともあれ、無事、帰国できました。

https://youtu.be/5Y6vajR5WE4

 
    (管理人(いっしん)) いとちさま
こんばんは。この夏休みは北欧の旅をご満喫されていたのですね。無事のご帰国お疲れ様でした。
また旅のお写真ありがとうございました。本日あたりからご出勤でしょうか。
北欧は私も死ぬまでにはぜひ一度旅してみたいと思っている国々ですが、ヘルシンキとサンクトペテルブルグ間の国際特急列車は3時間半で結ばれているのですね。
イメージ的には2枚目のお写真に写っている、いかにも東欧製(ロシアとかチェコあたりで作ってそうな・・)の緑色の武骨な機関車にひかれた、やっぱり緑色の大柄な客車でのんびりと・・なんて風景が思い浮かびますがかっこいい高速列車なのですね。
在来線を走行とのことですがやはりポイント通過時には激しい横揺れや縦揺れがあるのでしょうか。
お羨ましい限りです。

私はと言いますと、年中無休のサービス産業従事の労働者の宿命で、世間の休暇は書き入れ時とせっせといつも通り働いておりました。
目標の日本国内鉄軌道全線完乗も進捗率80%超で足踏み状態。
目標達成は定年後へ繰り延べし、今はグーグルアースでの疑似旅行で我慢する日々です。

それではまた。
 

Re: 西の方の鉄道

 投稿者:管理人(いっしん)  投稿日:2017年 7月23日(日)20時13分18秒
返信・引用 編集済
  > No.718[元記事へ]

<いとちさんへのお返事です。

いとちさま
こんばんは。
さっそく世界遺産「沖ノ島と関連遺産群」の見学に行かれたとのことでお疲れ様です。
下関では往年の関門海峡用ステンレス製機関車などを見られたとのことでよかったですね。
近頃は客車列車は12系や14系などを使った特定の団体列車ぐらいしか見ることはなく、したがって電気機関車も貨物列車でしか見る機会はありませんが、やはり客車を引く姿の方が絵になります。
大型のEF66がはやぶさやさくら号に充当されて東京駅を夕方次から次へと発車していく九州方面長距離寝台特急を懐かしく思い出します。

九州の特急列車は斬新なデザインが多いですよね。
お写真の883系ソニック?は外装もさることながら内装も宇宙船のような感じがしました。
私はちょっと贅沢にグリーン車に乗ったことがありますが、グリーンの座席にしてはプラスティック素材がちょっとどうかな?と思わなくもありませんが、私はド派手九州特急の中ではサイボーグのような顔つきの787系列車が好きです。

この夏は欧州鉄道旅行をご計画中とのことで、どうぞ気を付けて行ってらしてください。
梅雨が明け、暑い日が続いておりますが体調にも気を付けてお過ごしください。
それでは失礼いたします。
 

西の方の鉄道

 投稿者:いとち  投稿日:2017年 7月18日(火)01時58分31秒
返信・引用
  こんばんは。
3連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
世界遺産マニアの私は早速、先週、登録が決定した神宿る島・沖ノ島と関連遺産群を見に行きました。
特典航空券の関係でメジャーな空港からINできず、山口宇部空港から下関を通って九州に上陸しました。
下関では、古い気動車やかつで関門海峡でブルートレインを引いていたステンレス製の機関車などいろいろ見られてよかったです!
九州に入ると、特急列車王国というか、色々なカラーリングの列車が見られて楽しいです。
かつて大宮駅では東北・上越の特急列車が数多く走っていましたが、新幹線に集約され。バリエーションという点では物足りなさを感じるこの頃です。
駅の広告も関東とはずいぶん違ってHKT推しで、あちこちで指原莉乃のポスターを見かけます。
ジャニーズも、関東と九州だと違いますね。キスマイの文字の入った列車も関東ではありえないですね。
ただ、今回はスケジュールの都合上、ななつ星などのレアな車両は観ることができませんでした。
大雨被害で大分方面の列車は、ルート変更を余儀なくされているようでした。
夏休みは、欧州の列車に乗る予定で準備を進めております。

https://youtu.be/4qqO7TnklQI

 

クルーズトレイン・TRAIN SUITE四季島号 青森駅

 投稿者:いとち  投稿日:2017年 7月 9日(日)23時04分54秒
返信・引用
  先週、またまた出張先の青森で、クルーズトレイン・TRAIN SUITE四季島号を見かけました。
ホームで見ていたら四季島の旗を持たされ、一緒にクルーズ客を見送くることになりました。
停車駅で地元の歓迎を受ける点もクルーズトレインならではですね。
それにしても乗客の方は、お金持ちそうな方ばかりでした、、。
乗れそうにない、あこがれの列車ですね、、。

https://youtu.be/Df4g-fUc3fQ

 
    (管理人(いっしん)) いとちさま
こんにちは。お暑うございます。
さて、青森駅でJR東日本自慢のクルーズトレイン四季島号をお見かけになったとのことでお写真ありがとうございました。
小旗までふって俄かに歓迎レセプション?にご参加とのことでお疲れ様です。
小旗はお土産に頂けたのでしょうか。
すっかり夜行列車が廃れた今、夜汽車を楽しむにはこうした高級クルーズトレインに乗らなければならないのは残念なことですが、いつかは乗ってみたいとも思うのもまた事実。
しかしお金を貯めて乗れたとしても、まわりが「見るからにお金持ちそうな人」ばかりだとすれば、気後れして楽しみ半減かもしれませんね。
私はJR西日本が計画中の117系改造お手軽長距離列車の方が気が楽で楽しかろうと思いますので、その登場を心待ちにしております。
 

山口線のキハ40系

 投稿者:いとち  投稿日:2017年 7月 4日(火)01時51分20秒
返信・引用
  こんばんは。
6月の梅雨の合間に、広島県、山口県を回ってきました。
世界遺産の厳島神社や岩国の錦帯橋、湯田温泉を観光してきました。
新山口駅から、湯田温泉へは、久しく見ていなかったキハ40系の現役車両に乗りました。
都内の軽やかな動きの通勤電車に慣れていると、気動車はやはりバスの大きな乗り物という音と振動がありますね。
残念ながらSL列車は走っていない閑散期の週末でした。
それでも車窓から見える新山口の転車台などを楽しみました。
JRも会社によって格差を感じるのこの頃です。

https://youtu.be/PrLwJWiC1qE

 
    (管理人(いっしん)) いとちさま
こんにちは。山口にお出かけだったとのことでお写真ありがとうございました。
SL列車は運行がなく残念でしたね。SLやまぐち号と言えば、先日この9月から走り始める新型”旧型客車”の35系客車がメーカーの新潟トランシスから甲種輸送されデビューの日が今から楽しみです。
JR西日本の製作発表時からどんなのができるのか期待に胸膨らませておりましたが、写真や動画を見る限りはなかなかの出来栄えです。
まもなく東武のSLも走り出しますが、この夏はSLが暑いですね。
それではまた。
 

文月

 投稿者:上尾急行電鉄  投稿日:2017年 6月30日(金)23時50分20秒
返信・引用
  いっしん館長様、こんばんは。もうすぐ7月になりますが、いかがお過ごしでしょうか。

夏休みが近づくと、青春18きっぷの季節になります。このきっぷのシーズンは各地の普通列車が混雑します。特に東海道本線、山陽本線の遠距離列車にその兆候が見られます。
1日で800キロ近く移動する人もいるとか。

私は最近は海外にも出かけることが多くなりましたので、青春18きっぷを購入、使用するチャンスが減りました。

いっしん館長さまは、ご多忙とお聞きしております。
ちなみにどちらかにお出かけのご予定などはございますでしょうか?
夏本番になりますと、夏バテに注意をしないとなりません。
どうかご自愛なさって下さいませ。

それでは失礼いたします。

 
    (管理人(いっしん)) 上尾急行様お久しぶりのご来館ありがとうございます。
昨夏よりプロバイダーの都合によりHPアドレスが変わりましたので、もしかして当館にたどり着けなくなったのではないかと心配しておりました。
実際、そういう方もいらっしゃるようです。事前の告知などのご案内が不十分だったと申し訳なく思っております。

さて、7月に入りいよいよ青春18きっぷシーズンですね。
情報によりますと今夏の18きっぷポスターの旅の舞台は四国土讃線の小歩危駅だとか・・。
むかーし祖谷渓の温泉に行くのに行ったことがあります。

一方、私はと言いますと、ここ数年は、多忙というよりは纏まった休みが取れなくなったので、まったく旅に出ておりません。
むしろ、頻繁に海外をご旅行なさる上尾急行様が羨ましい限りです。
時節柄、お互い夏バテに気を付けて過ごしたいですね。それではまた。
 

SLパレオエクスプレス臨時列車 座席誤発売

 投稿者:いとち  投稿日:2017年 5月30日(火)05時14分10秒
返信・引用
  週末は、埼玉のB級観光地巡りで秩父方面に行きました。
メインは、TVでも取り上げられ人気急上昇中の皆野町・東秩父村にまたがる天空のポピーです。
牧場の斜面にポピーを植えて春に開花を楽しむイベントです。
今年は運が悪く、天候不順で4割の咲き具合でした。
さらに天気予報が外れ霧がかかる小雨の中の見学となりました。
これはこれで高原の神秘的な写真が取れて良かったです。

お昼頃、西武秩父駅で、臨時列車の西武鉄道・秩父鉄道にまたがる運行のSLパレオエクスプレスの出発の様子を見学しました。
やはり秩父鉄道より、駅構内だけですが西武鉄道に乗り入れて、西武秩父駅から出発する列車は便利です。
珍しい運行体系で、まさかの座席指定席を誤発見するという珍事もありました。

http://www.jreast.co.jp/aas/pdf/20170510.pdf

西武秩父駅がリニュアルされて、かなり垢抜けた感じになったので、もっと西武秩父発のSL列車を走らせてもいいかもしれませんね。

https://youtu.be/Hq4wEdP_vnc

 
    (管理人(いっしん)) いとち様
こんばんは。
西武秩父駅発のSLパレオエクスプレスのお写真ありがとうございました。
最近、西武鉄道も終着駅・秩父の観光アピールに力を入れていて喜ばしいことですが、指定券の誤発券やら、せっかく作った日帰り温泉施設も開業早々、レジオネラ菌汚染を理由に営業自粛などちょっとお粗末なことが続いていて残念です。
お隣の東武鉄道はスカイツリー開業以降、野暮ったい路線名を横文字キラキラネームに改名したり、本格的SL運転を目指したり運気が強く作用しているように思えてなりません。
同じ西武でも新宿・拝島線系統は他社との相互乗り入れは一切なく唯我独尊の道をひた走っておりますが、個人的には新宿線系統の活性化のために、新宿⇔秩父を、拝島、東飯能間はJR八高線を介して結び、西武自慢のレストラン列車など走らせたりしたら、とかく「西武から見捨てられかんけーねーや」などと、僻みっぽい
ことを言う、新宿・拝島線沿線客にも支持を得られるのではないかと思うのです。なんでも東武の二番煎じはよくありませんが、リバティ号のような小回りの利く優等列車を新造し、支線区を縦横無尽に走らせてもいいですよね。
まぁ西武本流の池袋線系統の充実にしか関心のない現西武では到底無理でしょうけど。

西武も東武みたいに突飛な発想で魅力的な企画が実現しないかなぁ・・・。

独り言失礼いたしました。
またお立ち寄りくださいませ。それでは失礼いたします。
 

東武鉄道 新型特急リバティ アーバンパークライナー1号

 投稿者:いとち  投稿日:2017年 4月23日(日)09時09分12秒
返信・引用
  こんにちは。
東武鉄道、久々の新型特急リバティにデビュー当日に乗ってきました。
アーバンパークライナー1号は、帰宅のサラリーマン狙いの列車設定でしょうが、当日は鉄道ファンも多かったです。
初日という事もあり、特急券は完売でした。
地下鉄が遅れ東武浅草駅到着が10分前というバタバタで、あやうく特急券が買えなくなるところでした。
いつもの通勤経路からすると東武線経由は大回りで、大宮まで約一時間の旅となりますが、座って帰れるのは大きいです。
せんげん台から先は、特急券なしでも乗れてしまうので、今後、これを知った定期券の学生などが、どどっと乗ってくるのが恐ろしいです。
当日は、駅の案内放送があっても、本当に特急車両に乗れるの?と恐る恐る乗ってくる人も多かったです。
つい最近、急行列車が走りだした東武アーバンパークラインで、特急列車まで走るとは、子供のころには想像もできませんでした。
攻めてる東武鉄道、いい感じです!

https://youtu.be/UBFLWvqkwcA

 
    (管理人(いっしん)) いとち様
こんにちは。
東武鉄道の新鋭リバティー号かっこいいですね。
東武鉄道はスカイツリーの建設決定以降運が向いてきたような印象で、かつての官僚的で暗い印象はなくなりました。
とはいえ、苦境の続く直営バス部門の分離や相当のリストラも実施しているわけですから企業努力の結果ともいえますが。
たしか昭和60年ころでしたか、事故で大破したスペーシアの代わりに超骨とう品5700系が老体に鞭打って走っていたり、見た目は新しくとも足回りは旧性能、なんて車両がごろごろしていましたから,やっぱり見違えるようです。
路線横断的な列車が走り出したのも分割民営化後のJRのようでいろいろ期待に胸膨らみます。
東武線はなかなか乗車機会がありませんがリバティー号やslなど乗ってみたい車両が多いので機会があれば乗りに行ってみます。
 

Re: EL+旧型客車5両+DL

 投稿者:いっしん(管理人)  投稿日:2017年 4月 8日(土)23時03分33秒
返信・引用
  いとちさんへのお返事です。

> EL+旧型客車5両+DL 大宮~土呂間

いとち様
こんばんは。桜が満開ちょうど満開になりましたが、週末のお天気はいまひとつでしたね。
今日は私も都内に出かけましたので、帰り道皇居千鳥ヶ淵緑道を花見がてら歩いてまいりました。
ボート乗り場はものすごい行列でした。

JR東日本の旧型客車、SL牽引以外でもELやDLにひかれてあちこちのイベント列車で大活躍ですね。
私も子供のころ、北陸本線でよく「ドア開けっ放し」「トイレ垂れ流し」の旧型客車列車に乗りました。
その頃は今と違って鈍行列車でも10両編成くらいでしたがスピードはずっと遅く、カタンカタンとのんびり、時折特急列車や急行列車に道をゆづりながら走っていたのを懐かしく思い出します。

東日本大震災の前年、只見線で走ったSL只見号でいただいたお写真の旧型客車に乗りました。
昔ながらの開けっ放しドアはさすがに今の人には危険すぎるので、改造により自動ドアクローザーが取り付けられたようですが、その時は改造前だったので終点の会津若松駅で開けっぱのまま入れ替え作業をしておりました。
 

レンタル掲示板
/60