teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


追加指名

 投稿者:ひがし  投稿日:2017年 7月16日(日)22時28分44秒
  ジェネラーレウーノ  
 

今週は

 投稿者:うえさ  投稿日:2017年 7月 1日(土)00時26分6秒
編集済
  日曜の中京マイル戦に8位指名のキープシークレット(ダイワメジャー×ウーマンシークレット)が出走します。この馬は2週前追い切りで初めて早い時計で追って、CW良一杯6F87.3-1F14.6という期待外れの時計を出していたんですが、どうも環境の変化に慣れるまで時間がかかる性格らしく、今週の追い切りは坂路で合格点をあげられる時計を出していて、なんとか態勢は整ったかなって感じですかね。ただ、競馬場の雰囲気に慣れず惨敗って可能性もありますが…。

まぁ力を出せたとしても、トロワゼトワル(ロードカナロア×セコンドピアット)・レッドシャーロット(ロードカナロア×シルバーフォックス)そしてへちょ氏のローズベリル(キンカメ×モルガナイト)となかなかの素質馬が揃っているので勝つのは難しそうな感じ。特にレッドシャーロットは6/21の雨風が強かった日にダノンプレミアムと同じく芝で追い切り、ダノンと同程度の時計を馬也で出してました(ただ騎乗するデムーロ曰く「難しい馬」とのことですが)。まぁ本馬(キープシークレットね)は徐々に良くなってきそうなので今回ダメでも長い目でみたいと思います。

そういえばダノンプレミアムと同じ中内田厩舎にフォックスクリーク(DI×クロウキャニオン)が入りましたね。私この馬2位指名の中で一番リスキーと書きましたが、こんなに早く入るとは…。これだけの血統馬が何も情報がないってことは出せない理由があるんだと思ってましたが、そんなことはなく順調みたいですね。しかし、そうなってくるとこの馬が金子氏のエース格。注目の厩舎だし、これは当たりの匂いがプンプンしますなぁ。
 

残念でした

 投稿者:うえさ  投稿日:2017年 6月25日(日)22時48分21秒
   宝塚記念はサトノクラウン強かったですね、残念でした。

 あと私の今シーズン初戦となった6/25阪神芝1800mの新場戦ですが、イベリアはシエラネバダにも負けて、まったく見どころなしの7着。もう少しやれると思っていただけにショックです。

 やっぱり橋田厩舎×グランド牧場の期待馬はスズカ(はしらさんのスズカテイオー)なんですかね。そもそも当たりがいない場合もありますが。それにしてもダノンプレミアムは強かった。これが今開催の文句なしの一番馬だと思います。最終追い切り見ないで取っちゃダメですね・・・。
 

お詫び

 投稿者:いまきち  投稿日:2017年 6月25日(日)17時05分42秒
  「まず,7頭を選びます。」

この時点で⑪が入っておらず,終戦でしたね。
申し訳ありませんでした。
 

宝塚記念予想

 投稿者:いまきち  投稿日:2017年 6月25日(日)09時14分11秒
  お知らせのとおり,150Pで勝負します。

まず,7頭を選びます。
 ①ミッキーロケット  ②ゴールドアクター
 ⑤シュヴァルグラン  ⑥シャケトラ
 ⑦レインボーライン  ⑧ミッキークイーン
 ⑩キタサンブラック

次に,「2頭軸の3連単マルチ」を5通り,購入します。

 その1 ⑦-⑩-5頭(各1P,計30P)
 その2 ①-⑦-5頭(各1P,計30P)
 その3 ⑦-⑧-5頭(各1P,計30P)
 その4 ②-⑩-5頭(各1P,計30P)
 その5 ②-⑧-5頭(各1P,計30P)

・⑩がオーバーペースでバテて,後ろから差す馬が台頭する
・⑩が実は重馬場がとても下手だった
などの場合では,「その2」と「その3」の2通りが的中する場合もあり,
今はこの可能性に大いに期待します。
 

13位追加指名回顧

 投稿者:うえさ  投稿日:2017年 6月23日(金)23時49分17秒
   えー突然ですが、13位追加指名について書いてみようと思います。気が向いたら読んでみてください。

○13位 イベリア 牡 栗・橋田 ディープインパクト×アドマイヤアモーレ(Fusaichi Pagasus)
 目標:とりあえず打倒シエラネバダ。2歳時で2勝か重賞で連対、3歳でも重賞でコンスタントに掲示板に載るくらい

 先週、早速13位指名してみました。私の指名馬で早めデビューはキープシークレットとヴァルディノートが中京を予定しているくらいだったので(しかもキープシークレットは調教ショボかったので期待薄)、2歳戦を楽しむため(できれば3歳戦も)の指名です。

 ただ、候補が結構いたんですよねぇ。先週デビューした馬では見事勝利したハーツクライ産駒のコスモインザハート(母マーゼリン)。今週デビューの馬では東京のスワーヴエドワード(エイシンフラッシュ×スルージエアー)。阪神では本馬のほか、アドマイヤビクター(ルーラーシップ×ツィンクルヴェール)・スプリングスマイル(ネオユニヴァース×サンキュースマイル)・シュバルツボンバー(ディープブリランテ×ショアー)・ダノンプレミアム(DI×インディアナギャル)・ウインルーカス(アドマイヤムーン×メリーランドガール)の8頭が候補でした。

 コスモインザハートはリスト外Bで、残っているハーツ産駒の中では7・8番手評価くらいですかねぇ。牧場での評判も良く、追い切りもいい感じでしたが、馬体があまり大きくないのと短距離のイメージのある厩舎ということで指名は見送りました。が、なかなか強い勝ちっぷりでした。馬体重もPOG本では460でしたが470での出走。成長力もありそうです。柴田未崎ってのも嬉しい。交代して欲しくないですね。次走は札幌2歳Sとのこと。ちなみに英ダービー登録してるみたいです(どうでもいいですが)。

 スワーヴエドワードは、実は指名を見送った11指名予定だった馬です。エイシンフラッシュ産駒なんですが、調教助手によると「DI産駒っぽい馬体」っていうこと、馬主がスワーヴのNICKSということで注目してました。エイシンフラッシュ産駒に当たりがいるならばこの馬かと思っており、かなり魅かれるものはあるんですが、エイシンフラッシュ産駒に追加指名の貴重な一枠を使う勇気は出ませんでした。

 アドマイヤビクターは、私的にはルーラーシップ産駒BSET3の1頭で注目してました(リスト外Bですが)。追い切りはあまり動いていなかったんですが、1週前追い切りでなかなかの好時計。デビューに向けての上昇度では1番かも知れません。回顧に書いた通りルーラーシップ産駒は2年目ということで昨シーズンより活躍馬が出る可能性があると思ってますので、追加指名にあたって、この馬が最後まで迷った馬でした。ノーザンF→近藤利一→友道厩舎のライン、ルメール騎乗ってのも魅力ですよね。

 スプリングスマイルはネオユニ産駒の№1評価で11位指名候補でした。橋口師がかなり惚れ込んでいるようですし、追い切りも動いてます。スケールの大きな馬で、大物感でいえばこの馬が1番だと思ってます。ただ、やっぱり厩舎が引っ掛かります。父は大好きでしたし応援してあげたい気持ちもありますが、まだ指名するには頼りない感じがしています。

 シュバルツボンバーはディープブリランテ産駒№1評価でリスト外B、指名馬だったイモータル・エックスマークの下ということで注目してました。今のところイモータルみたく煩くないみたいですし、追い切りも動いてる、ディープブリランテも地味にそこそこ走る馬を出しているし、産駒も2年目ということで、昨シーズン優勝とか2位とかだったら取ったかも知れませんが、マイナスの身ではそんな余裕はありませんでした。でもコンスタントに走ってくれそうなイメージです。

 ダノンプレミアムはリスト外でしたが、中内田厩舎だし、順調に調整が進んでいるようなのでピックアップしました。が、指名するまでの強調材料は見つかりませんでした。ウインルーカスはリスト外A。牧場では「ウインブライトと遜色のない動き」との評価で、追い切りも動いてますが、馴染みのない厩舎だし、血統なんかも他の候補馬と比べると地味ですよねぇ。

 で、本馬について、1週前追い切りではどの馬も動いているので大差はないと思ってますが、CWで追い切った馬のうち、この馬だけ助手が騎乗しているにも関わらず時計が優秀だったので、1週前の時点ではアタマ一つ抜けてると評価しました。もちろん500kgあるDI産駒ってのも評価したポイント。ここのところパッとしない橋田厩舎ではありますが、今年は現在10勝とすでに昨年の勝利数を上回っているし、ディアドラでオークス4着と復調の兆しはありそう。しかも本馬の馬主はディアドラと同じ森田氏。森田氏は地味な中堅馬主ですが、アドマイヤに縁を切られスズカのみとなった橋田厩舎にとっては大切な馬主であろうと推察されます。生産者のグランド牧場はスズカマンボが出るなど橋田師と関わりが深い牧場で、母アドマイヤアモーレもグランド牧場×橋田厩舎。おそらく橋田師が森田氏に薦めて購入されたものと思われますので、厩舎としては結果が求められている馬だと思います。推測ばかりですが、実際に厩舎の評価も高く、「かなりの能力を秘めている」「先々も含めて、これはと感じさせる馬」「クラシックに乗せたい馬」等々かなり期待されている様子。橋田師も定年まであと5年くらいですかね。けっこう好きな調教師さんなのでもう一花咲かせて欲しいという応援の意味も込めて指名させていただきました。

 ちなみに1週前追い切り(CWのみ)の時計はこんな感じでした。
イベリア:14日CW良・助手 82.8-66.3-51.7-37.8-11.9⑧一杯
(スズカディープ一杯と6F併せでクビ差先着)
Sスマイル:14日CW良・武豊 83.1-66.7-51.5-37.3-11.9⑨一杯
    (クィーンロード一杯に6Fで2.2秒先行3F併せで0.6秒先着)
    (リュウシンベガス一杯に6Fで1.1秒先行3F併せで0.8秒先着)
Sボンバー:14日CW良・福永 83.7-66.9-51.5-37.7-12.0⑤一杯
    (ケルティックソード一杯を6Fで0.8秒追走3F併せで0.2秒遅れ)
Aビクター:15日CW良・藤懸 82.1-66.8-51.7-37.7-12.3⑧一杯
(ポポカテペトル馬也を6Fで0.5秒追走5F併せでクビ差先着)
Wルーカス:15日CW良・和田 82.5-66.5-51.9-38.1-12.3⑧一杯
    (ピュアコンチェルト強めを6Fで0.4秒追走1F併せでクビ差遅れ)

 CWは時計の出やすい状態なんですかね、2歳のこの時期としては好時計連発って感じですよね。6/25の阪神芝1800mは「伝説」とまではいかないまでも、かなりハイレベルなレースになりそうで、この中から何頭か面白い馬が出てくるんじゃないかと注目しております。本当は直前の追い切りを見てから指名したいところですが、皆さんも注目してるでしょうから(イベリアに限らずこのレースをってことです)、どれを取るにしても、取られる前に取っておこうということで早めに指名してみました。

 というのが今週の追い切りを見る前の状況です。結局誰も追加指名しませんでしたね・・・。皆さんあまり注目してません?

 ここからは今週の追い切り後の状況。今週は雨風も降って追い切りの判断が難しいんですが、ダノンプレミアムが芝で並走馬をぶっちぎっていて上昇してきた感じですかね、さすが中内田師。あとはスプリングスマイルも意欲的にやっていて好感が持てます。逆に、対抗だったアドマイヤビクターや東京ですがスワーヴエドワードあたりは、やや物足りない内容でした。スワーヴエドワードは気性的なものだと思いますが、もしかすると短距離向きかも、とのこと。ここは様子見で正解でした。イベリアは坂路に入れて終い重点の調教ですがなかなかの好時計、最終追い切り後でも、この馬を指名して間違いなかったと思ってます。あとシエラネバダは今回CWで追い切りましたが、坂路でもコースでも終い伸びませんね、全体の時計はいいんですが。追い切りからは押せませんが、良血だけにレースに行ってどうかっすね。

 当日も雨が降りそうですし、ただでさえ初めてのレース。実力通りの結果になるとは限りませんが、このメンバー相手に見どころのある競馬ができれば先々楽しみだと思っております。何はともあれ、今シーズンの初戦ですので、幸先の良いスタートを切りたいものです。少なくともシエラネバダには先着して欲しいですね。

 ということで、13位指名回顧でした。
 

追加指名

 投稿者:うえさ  投稿日:2017年 6月15日(木)21時34分3秒
  13位 イベリア 牡 栗・橋田 ディープインパクト×アドマイヤアモーレ(Fusaichi Pegasus)  

17-18ドラフト回顧№4

 投稿者:うえさ  投稿日:2017年 6月12日(月)22時50分43秒
編集済
   最後です。お待たせしました。やっと終わりました・・・疲れた。

○11位 ダノンアモーレ 牝 栗・高野 ディープインパクト×ウォッチハー(Mutakddim)
 馬体:A+ 評価:A 目標:阪神JF制覇(アルテミスSとかファンタジーSでもいいですが)

 ここは、当初牡馬の予定でしたが(出ていないので伏せます)、多分取られないだろうってのと、情報が少なめなのでもう少し様子を見たいってのもありまして、上(7位のところ)で書いた、4位指名候補の牝馬ダノンアモーレを取ることにしました。母はアルゼンチンのG1馬で、初仔で少し小さいんですが、バランスのいい馬体してます。ルナステラ・ダノンチェリー・スターリーステージに次いでDI牝馬の4番手評価馬です。完成度が高く2歳GⅠを意識しているとのことで、伸びしろはあまり望めないんでしょうが、既に入厩してますし早めの活躍を期待しております。

 さすがに11位になると、よくわかりません。リストに入ってる馬は1頭もいませんでした。レーヴドリーヴ(牝・オルフェ×レーヴドスカー)・プリモシーン(牝・DI×モシーン)はリスト外B。レーヴドリーヴは遅そうですよね。9位で書いたプリメラビスタと同じような感じです。プリモシーンは、上が走ってないのが気がかり。ただ、この馬は使い出し早そうですね。もう入厩してるのかな?

 その他の馬はリスト外C。ケイアイノーテック(DI×ケイアイガーベラ)は速攻系で注目してました。開催週の中では一番評判が良さそうでしたね。ちなみにあと1頭注目してたのが東京マイルで勝利したロードカナロア産駒のステルヴィオ。こっちはPOG本にも載ってたので11位指名候補にしていました(ケイアイノーテックはネットの情報で知ったけど、もうリストもできていたし、そこまでの評価ではなかったのでリストにはいれていませんでした。)。まぁ、終わってからなら何とでも言えますが。ケイアイノーテックは小粒なイメージでしたが、レースを見る限りなかなかの馬ですね。2歳戦は楽しませてくれそう。

あと気になるのはクナルゲニアール(ハーツ×カリ)ですかね。これ私が購入したPOG本には情報なかったんですが、赤本を立ち読みした時に名前をみた記憶があります。須田さんのお薦めでしたっけ。netkeibaの写真しか見てませんが大物感のある馬ですね。まぁこの馬が当たりかどうか知りませんが、上の方にも書いた通りハーツ産駒は今年180頭。まだまだ当たりの馬が隠れてると思ってます。私1頭しか取れてないので、そこは追加指名の中で検討していきたいと思ってます。DI産駒だって、昨シーズンあんなに取ったのにカデナやファンディーナ、サロニカなんかは残っていたわけだし、追加で「当たり」が引けるかってのは重要ですよね。

リスト外B レーヴドリーヴ・プリモシーン
リスト外C クナルゲニアール・母セルフプリザヴェーション・グレートタイム・サトノガバナー・ケイアイノーテック・ブルーメンクローネ

○12位 ルーカス 牡 美・堀 スクリーンヒーロー×メジロフランシス(カーネギー)
 馬体:S 評価:A 目標:青葉賞からダービー出走

 11位で指名予定だった馬が残ってますが、上の理由で指名は差し控えまして、また、12位指名予定の馬(イダエンペラー)は既に取られてしまっているということで、ここは、2位指名候補でありながら、いまだ指名されていない本馬を指名することにしました。まぁ、ずっと出ていないことはわかってたので、12位でも残っているようであれば迷わず指名しようと思ってました。この馬、馬体的には一目惚れですね。今年の牡馬BEST3の1頭(ブレステイキング・シンハラージャと本馬)です。最初見た時に、伸びやかな馬体に魅かれたのと、SS系の馬だと思ったくらい柔らかそうな印象を持ちました。まぁスクリーンヒーローの母父がSSなんですけどね。モーリスは吉田厩舎から10月にデビューし,POG期間内6戦して2勝、しかもデビュー戦はレコード勝ち。他にも重賞で掲示板に2回載っていて、素質の片鱗は見せていました。多分3,000万くらい稼いでますかね。古馬になってから活躍しているイメージですが、POGでも「小当たり」くらいの馬でした。その後、堀厩舎に転厩して半年の休養の後4歳の1月からGⅠ4連勝を含む7連勝を達成してますので、基本晩成の血統で、みなさんもそれを気にして指名に至らなかったものと思いますが、モーリスは気性がネックになっていた部分もありますので、堀さんが仕上げてくれればPOG期間内でもそれなりの活躍は見込めるんじゃないかなぁ。馬体からは距離が延びて良さそうなイメージしか湧きません。要は気性なんでしょうね。本格化は古馬になってからだし、堀さんなんで数は使わないと思いますが、一発逆転の可能性を秘めた素質馬ですので、12位で取れてマジおいしいです。溝江さんすみません。でも、ここで抽選「当たり」引くより1位か4位で「当たり」引きたかったなぁ・・・。

 ここで気になったのは、プリュス(牝・ヴィクトワールピサ×サラフィナ)。社台Fの評価がメチャ高いっすよね。馬格があるのもいいし、ヴィクトワールピサってのも社台Fの「当たり」っぽい匂いがします。ただ、馬体が確認できなかったこと、馬主・厩舎がイマイチってことで指名には踏み切れませんでした。私の牝馬指名は3頭ということで狭き門ですので。追加候補として様子を見たかった一頭です。

 あとはトーセンヴァロン(DI×ベルワトリング)がリスト外A。ラントカルテ(オルフェ×ラルナデミエル)、サラーブ(牝・ルーラーシップ×サマーハ)がリスト外B。その他はリスト外Cでした。この中で敢えて気になる馬を挙げるとすればシャケトラの妹サラーブですかね。馬格もあって早めに使えるとのこと。ただ、ルーラーって牝馬走ってないですよね。1年だけじゃわからないっすけど。13位は上(10位のところ)で書いてるんでいいですかね。

 ということで、今シーズンも無事ドラフトが終了しました。私、80頭リストアップ(牡58頭・牝22頭)して残ったのが16頭(牡13頭・牝3頭)でした。ちょっと余り過ぎな気もしますが、まぁ毎年こんなもんなんですよねぇ。70頭だと余裕なさすぎなんで、このくらいが妥当なのかなって思ってます。
 やっぱり1位のブレステイキングと4位のミカリーニョが残念。その他にもシエラネバダやグラマラスライフ、イダエンペラーも取れませんでしたが、指名馬を見渡すと、昨季よりも数段良いラインナップになったと思っております。リスキーな馬も何頭かいますが、長打力という点でいえば歴代最高かも知れません。今季は順調に行けばダービーに複数頭送り出せそうな予感がしてます。その分牝馬が手薄な感は否めませんが・・・。あとは毎年のことですが、追加でしっかり走る馬を取れれば、結果は自ずと付いてくるかなと。順番からいえば今季は2位のはずですからね(もちろん優勝したいですが)。

 最後に指名馬全109頭の集計について、
父は①DI(53頭)②キンカメ(15頭)③オルフェ(10頭)④ハーツ(8頭)。
DI産駒は相変わらずの人気ですが、昨シーズンの不調の影響か、昨季が52.5%、今季が48.6%と指名率が若干下がりました。ハーツ産駒はイマイチ伸びませんでしたね。
あと面白いのは牡牝の指名率。昨季は牡68.3%・牝31.7%でしたが、今季は牡70.6%・牝29.4%と牡偏重の傾向がやや強まっています。やっぱりダービーの影響ですかね。
厩舎は①池江(12頭)②音無(9頭)③堀・角居(8頭)⑤藤原英(7頭)⑥藤沢和・矢作(6頭)。
これはまぁこんなもんですかね。ダービーの影響か音無師が人気になってますね(4頭⇒9頭)。逆に須貝師が8頭⇒2頭に減っております。
生産者は①ノーザンF(72頭)②社台F(13頭)③白老F(4頭)。
順位は変わりませんが、ノーザンFは昨季51.7%⇒今季66.1%。社台Fは昨季22.5%⇒今季12%と割合は大きく変化しております。いまきちさんなんて全部ノーザンFですもんね・・・、節操がないこと甚だしい。
馬主は①サンデーR(15頭)②キャロットF(14頭)③シルクR(12頭)④金子真人HD(9頭)⑤里見治(8頭)。
昨季は①社台RH(16頭)②サンデーR(13頭)③里見治(11頭)④キャロットF・金子真人HD(10頭)で、社台RHが16頭⇒6頭になったのに対し、シルクRが3頭⇒12頭になっております。シルクRが増えたのはわかりますが、昨季は何で社台RHこんなに人気だったんですかね?

 あ、あとジナンボー強かったですね。まだ2週間だけですが、今のところ将来性№1ですね。ミルコ曰く「すごく真面目な馬」だそうで兄とは大違い。私、この出来の悪い兄を持っていたこともあって、実は天栄の双子の兄に「モクレレの下どうなの?」って聞いてたんですが、「兄の経験を踏まえ、育成のやり方を見直したので、多分大丈夫じゃないかな」って感じのことを言ってました。とはいっても気性ってそう簡単に直るもんでもないでしょ?って思ってましたが、さすがノーザンF、きっちり修正してきました。あと、ジナンボーって名前どうなの?金子さんらしくないし、期待してないのかなって思ってましたが、勝利後のコメントを見ると逆に愛着がありそうな感じでしたね。ま、どっちにしろ3位ではいけないですけどね。

あ、そーだ!シエラネバダの下、また牡のDI産駒で芦毛みたいですね。これはもう神様が私に取れって言ってるとしか思えません。今度こそ取らないでね?言い忘れるところでした。

 それでは、今年も指名馬の無事を祈念いたしまして締めさせていただきます。お付き合いくださった方ありがとうございました。
 

17-18ドラフト回顧№3

 投稿者:うえさ  投稿日:2017年 6月11日(日)22時42分17秒
   えー9位と10位です。  あと少し。

○9位 ダブルフラット 牡 栗・角居 マンハッタンカフェ×アガルタ(キングカメハメハ)
 馬体:A+ 評価:B+ 目標:マンカフェ最後の大物となり、ダービー出走

 ここは当初から本馬を指名するつもりでした。最後のマンカフェ枠です。ただ金子馬だし、誰か上で取るんじゃないかと内心ドキドキでした。よくぞ残っていてくれました。金子さんのマンカフェ産駒といえばイモータルがそうですね。あの馬は正にグッドルッキングホースでしたが、気性がネックでしたね。この馬は、イモータルほどではないですが、マンカフェ産駒らしい見映えのする好馬体。サイズもいいし、気性も問題ないとのこと。厩舎が角居師となり、ディープなどと同じく「ノーザンF→金子真人HD→角居厩舎」の黄金ライン。期待しかありませんが、要はシャケトラと一緒ということですかね。過去、私が指名して最も走ったマンカフェ産駒はヒルノダムールだと思いますが(若駒S①→若葉S②→皐月賞②)、まだ重賞取ってないと思うので、重賞勝ってダービーに出走して欲しいです。ちなみにもう入厩してます。多分ゲート試験だけでしょうが、シャケトラとは仕上りが違います。

 ノーブルスピリット(オルフェ×ノーブルステラ)は6位指名候補。上もそこそこ走ってて馬格もあり早め入厩で、厩舎が期待の若手中内田師。ヴゼットジョリーも社台Fだし、社台Fとのパイプが強いのかな?中内田厩舎では№1の評価で、ちょっと気になってる馬です。来年あたりは狙ってみたい厩舎ですね。

 モトカ(牝・Frankel×Sasuela)は8位指名候補。兄や近親に独G1勝ち馬がいる優秀なドイツ牝系。Frankel×ドイツ牝系はソウルスターリングと一緒だし母父のDashing Bladeはソウルスターリングの2代母父。Sadler’s Wells3×4が気になりますが、面白い配合だと思います。

 スヴァルナ(ステゴ×ブルーミングアレー)は10位指名候補。ノーブルスピリットもそうですが、この馬も社台Fの早期入厩馬。馬体も馬体重もわからないんですが、池江師は「クラシックに向かえる馬」って言ってますね。もっとも池江さんの場合、人気の馬はほとんど「クラシックを目指す」って感じですから、よくわかりませんけどね。

 センテリュオ(牝・DI×アドマイヤキラメキ)はリスト外A。アランブレラ(オルフェ×クルソラ)・オーフルテソーロ(キンカメ×ソニックグルーヴ)・プリメラビスタ(牝・オルフェーヴル×ビワハイジ)はリスト外B。母ラヴアンドバブルズはリスト外Cでした。センテリュオはトーセンスターダムの下。普通にいい馬だと思うんですがピンとくるモノがなかったんですよねぇ。アランブレラも特に魅かれなかったですね。今年は尾関厩舎がなかなか良さそうなんで、どれかは走りそうなんですが、どれが良いのかよくわかりません。プリメラビスタは悪くないと思いますが、この血統なのでゆっくり目なのが引っ掛かったのと、やっぱり母の年齢も気にはなります。そのリスクを無視してまで取りたいって馬ではなかったってとこですかね。母ラヴアンドバブルズは、ここにきてだいぶ良くなってきたみたいですが、矢作師が「俺がやったら走るんじゃないか」と冗談を言ってたらしいですが、要はまだまだ時間がかかるってことなんじゃないかと受け止めました。

6位指名候補 ノーブルスピリット     8位指名候補 モトカ
10位指名候補 スヴァルナ   リスト外A センテリュオ
リスト外B アランブレラ・オーフルテソーロ・プリメラビスタ  リスト外C 母ラヴアンドバブルズ

○10位 ヴァルディノート 牡 栗・音無 ヨハネスブルグ×シシリアンブリーズ(ゼンノロブロイ)
 馬体:A 評価:B+ 目標:小倉2歳ステークス

 10位も当初からこの馬を指名しようと思ってました。昨シーズンの当初ドラフト時には指名がなかったので回顧には書きませんでしたが、実はモンドキャンノ取ろうか迷ってたんですよねぇ。キンシャサノキセキは2歳戦に強いし、函館2歳Sを狙ってるってことだったので注目してました。馬三郎に騙されてルイなんて取らなければ・・・。追加も取ろうか迷ってたんですが、速攻系を多く取ってしまっていたのと、誰もこんな早く取らないだろうってことで諦めたんですが、まんまと取られてしまいました。で、今年はそのリベンジ?で2歳Sを取れそうな馬を取ろうと思っていて、選んだのがこの馬です。ヨハネスブルグ産駒もまた2歳戦に強い血統。初仔ながら馬格もあって迫力満点。NF早来の横手調教主任のオススメで、音無師も「夏の大きいところを狙いたい」とのこと。今年はコレしかいない、と思ってましたが、いまきちさんが追加で取ったリンガラポップス(キンシャサノキセキ×クラシックローズ)もいいみたいですね。この馬は産地馬体検査の写真が目を惹きキンシャサ産駒で唯一リストアップしてたんですが、情報がないので最終的に外しました(なのでリスト外Aですね)。函館に入厩して3歳馬を5馬身ほどちぎったとのこと。函館で良かったです。こっちの目標は小倉2歳Sみたいなので。

 レッドガーランドは7位指名候補。上(8位のところ)でも書いてますが、既に入厩してるものの、まだこれからって印象を持ってます。馬格もあって馬自体は悪くないと思いますが。アプルーヴァル(オルフェ×ファシネイション)は11位指名候補。「ノーザンF→近藤英子→音無厩舎」とフランツと同じラインだし、馬体もいい感じなので気になってましたが、情報があまりないこと(近藤英子さんの馬はみんなそうですけど)、上が走ってないこと、父が新種牡馬であることなどから下の評価としました。あとサンデーサイレンス3×3なんですよね、やっぱり気になりますね。

 オーケストラ(ハーツ×オメガスピリット)も11位指名候補。ヌーヴォレコルトの全弟ですね。オメガスピリットはヌーヴォレコルトの後、ネオユニ・Dメジャー・スペシャルウィークと別の種牡馬を付けてましたが、ヌーヴォレコルトの活躍を受けて再度ハーツクライを付けて生まれたのがオーケストラ(多分)。姉に比べると脚が短くガッシリしてるってのが気になりますが、馬体もわからないので確認できず。どうなんですかね?

 レッドヴェイロン(キンカメ×エリモピクシー)は12位指名候補。久々に牡馬に出たみたいですね。ちょっと小さいのが難点ですし、現状、疲れが出やすいということで、使い出しは遅くなりそうなイメージですかね。ゴールドフラッグ(ステゴ×ポイントフラッグ)はリスト外B。「似ていないのは毛色くらいで、きょうだいの中で最もゴールドシップに似ている」とのこと。ステゴも実質ラストクロップですので、最後のチャンスですね。イルーシヴグレイス(牝・DI×イルーシヴウェーヴ)・エリスライト(牝・DI×クリソプレーズ)・エルディアマンテ(牝・キンカメ×ディアデラノビア)はリスト外C。イルーシヴグレイスって情報なかったんでノーマークですが、被るってことは評判いいんですか?キャロットで堀厩舎で早め入厩ですか。馬体がわからないんでアレですが、良さげですね。エルディアマンテはまぁ誰か取るんだろうなぁと思って外しました。

7位指名候補 レッドガーランド       11位指名候補 アプルーヴァル・オーケストラ
12位指名候補 レッドヴェイロン      リスト外B ゴールドフラッグ
リスト外C イルーシヴグレイス・エリスライト・エルディアマンテ
 

17-18ドラフト回顧№2

 投稿者:うえさ  投稿日:2017年 6月10日(土)01時10分14秒
編集済
   今回は5~8位までです。

○5位 ザスリーサーティ 牡 美・斎藤誠 ステイゴールド×ツーデイズノーチス(ヘクタープロテクター)
 馬体:B+ 評価:A 目標:ディバインコードより稼いでダービーに出走すること

 この段階で残っている上位指名候補は、牡馬が2位のカザン・ルーカス、3位のトーセンブレイヴ(キンカメ×ギーニョ)・ウェストブルック(DI×ターフローズ)・タニノフランケル(Frankel×Vodka)の5頭。牝馬が4位のレリカリオ(牝・Malibu Noon×Unrivaled Belle)・マルケッサ(牝・オルフェ×マルエンサ)・ソシアルクラブ(牝・キンカメ×フエナビスタ)・ダノンアモーレ(牝・DI×ウォッチハー)の4頭って感じでした。私、今回は牝馬を3頭取ろうと決めてたんですが、今のところ0頭。7・8位で2頭取ろうと思っている馬がいたので、上位の馬を5位か6位で取ろうと思いました。で、取るとすれば上位評価のレリカリオなんですが、それならば6位指名予定のザスリーサーティを先に確実に取っておこうということで本馬を指名しました。
 この馬は、言わずと知れた「俺の」ツーデイズノーチスの仔、つまりディバインコードの下です。ディバインコードは「これまで見た父の産駒で№1」とか「岡田スタッドを開業して以来、№1の馬」って評価でしたが、本馬は「生まれた時から別格。ダービーを狙いたいと思わせる馬」との評価。これは取らないわけにはいきません。馬体は良くわかりませんが、そんなことは関係なし。問題は何位でいくか?ってとこでしたが、岡田氏の大風呂敷に加え、ワンスインナムーン・ディバインコードと連続して活躍しているので注目も高まっていると判断し指名に至りました。ダービー制覇まではさすがに期待してませんが、兄を超える活躍をしてもらいたいと願っております。あ、あと2015年産が実質ステイゴールドのラストクロップということで、ステゴ産駒の最後の大物になることを期待してます。それにしても何で「3時30分」なんですかね?ダービーなら「ザスリーフォーティ」だと思うんですが・・・。いまきちのスターリーステージ1位予告と同じくらい謎です。と思って調べたら、「メインレースに登場する馬になるように」ってことなんですね。それでも少し早いような・・・ローカルってことですかね。それとも語呂というか響きの問題なんですかね。

 カザン出ましたね、しかも被り(○ふくざわ×ヒガシ)。そりゃそーですわな。この馬は2月に山元TCに移動していたので馬体がわかりませんが、師曰く「馬格に恵まれてるしサトノダイヤモンドみたい」らしいので気にはなりますが、上(4位のところ)のような理由で積極的に取りにいけませんでした。それにしても社台は今年、早期に山元TCに入る馬多いっすね。この方針転換がどういう結果になるのか楽しみです。

 リンフォルツァンド(牝・DI×リッスン)は8位指名候補。この馬、この血統らしく馬体は非常に奥が深そうで魅力的なんですが、上を見ててもやっぱり奥手なんですよね。期間内にどれだけ本格化するかですね、オークスに間に合えば面白そう。今度はクラシック出られるといいですね。ダノンパーフェクト(DI×スパークルジュエル)は10位指名候補。大きいのはいいんですが、その分仕上がりが遅そう。馬体的にもあまり魅かれませんでした。

 トーセンブレイヴ出ちゃいましたねぇ。実は私けっこう高い評価をしてまして、レイエンダを差し置いてキンカメ産駒の1位評価なんです。均整の取れた馬体が気に入ってます。この馬は3位指名候補なんですが、4位でフランツを指名した時には2位指名候補馬の中からしか探しておらず、5位を指名する際に3位指名候補を見て、この馬を4位にしておけば良かったと少し後悔しました。キンカメは昨年の産駒が50頭でしたが、今年は110頭。注目してたんですが、期待ほど良いと思う馬がいなかったんですよねぇ。でも1頭くらい取りたかったなぁ。

 タニノフランケルも出ちゃいましたか。これは大物感溢れる素晴らしい馬体ですよね。満を持して?Frankelと交配。ウオッカにようやく大物誕生の予感がします。ただ名前を知って少し冷めました。もう少し下で残ってれば欲しかったですね。

 フィニフティ(牝・DI×ココシュニック)はリスト外B。昨年姉のグラニーズチップス取りましたが未勝利。やっぱりこの血統は奥手なのかなってことで切りました。評判はいいみたいですね。しかし、今年はやたらとPOG本に「THEディープ牝馬」って表現が出てません?もっとちゃんとコメントしろよ、どれがいいんだか良くわからんよって思ったのは私だけでしょうか?コズミックフォース(キンカメ×ミクロコスモス)とレピアーウィット(ヘニーヒューズ×ランニングボブキャッツ)はリスト外C。ミクロコスモスは私持ってました。今年は良さそうなんですか?あとレピアーウィットの方ですが、上位じゃなきゃ取れないような短距離馬は初めから眼中にありません。

2位指名候補 カザン      3位指名候補 トーセンブレイヴ・タニノフランケル
8位指名候補 リンフォルツァンド 10位指名候補 ダノンパーフェクト
リスト外B フィニフティ      リスト外Cコスミックフォース・レピアーウィット


○6位 レリカリオ 牝 栗・矢作 Malibu Moon×Unrivaled Belle(Unbridled’s Song)
 馬体:A+ 評価:A+ 目標:うーんNHKマイルCとか?ケンタッキーオークスとか?

 ここはさすがに牝馬を選択。6~8位で、予定している3頭を一気に取ってしまおうと考えました。6位の候補は上で書いた4位指名候補の4頭+7位指名候補のグラマラスライフ(牝・ハーツ×プリティカリーナ)。ここまで牝馬を取っていないのは私とヒガシと福澤さんと結構いるんですが、まだ上位人気の馬が残ってるので(マルケッサとかソシアルクラブとかレリカリオとかウィキッドアイズ(牝・オルフェ×ウィキッドリーパーフェクト)とか)、グラマラスライフより上位人気であろうレリカリオを指名することにしました。でもグラマラスライフのが人気してたんだね。というかレリカリオあんまり人気ないんですね。今年はnetkeibaのランキング見られなかったから人気が良くわからなかった・・・。まぁグラマラスライフいっても3人抽選だから取れたかわからないっすけど。
 レリカリオは、今年のノースヒルズの抜けた1番評価馬、そして世界的な良血。さらに矢作TOP4の1頭。もう少し上で取られると思ってたし、けっこういい馬だと思ってるんですが、なぜ人気ないんですか?馬体もパワフルで窮屈なところもなく、距離も持ちそう。芝も問題ないでしょうが、最悪ダートでもアメリカ遠征という夢が出てきますので楽しめるんじゃないかなぁ。

 グラマラスライフ欲しかったんですよねぇ。牧場の評価も田村師の評価も高いし、きょうだいもコンスタントに走ってるし、馬体も伸びがあって素晴らしいし、力強い印象、かっこいい馬ですよね。ミカリーニョ(ルナステラでもいいですが)・グラマラスライフ・キープシークレット(牝・Dメジャー×ウーマンシークレット)の3頭が取れれば牝馬は大満足だったんですが、そううまくはいきませんね。

 あと実は取られてショックな馬がもう1頭。イダエンペラー(ルーラーシップ×アドマイヤセラヴィ)です。この馬、馬体的にはそれほど評価してないんですが、NF早来の林調教主任のイチオシの馬なんですよね。ルーラーシップも初年度、期待ほどの活躍はできませんでしたが、2年目のジンクス(そういえば最近もこの傾向ってあるんですかね?)で今シーズン活躍する可能性もあるのかな、と。とはいっても人気もないので12位で取る予定でした。こんな上でいかれちゃー手も足も出ませんわ・・・。

 サトノディード(DI×ゴジップガール)は6位指名候補。この馬は里見さんと照哉さんの半持ち。社台Fの半持ちには過去エイシンフラッシュやヴィクトワールピサがいて、里見さんとの半持ちだと私が指名してたサトノキングダムがいます。照哉さんがかなり期待してるみたいだし、馬格もあるし、パワフルだけどバランスのいい馬体で面白いと思います。ただ少し晩成っぽいですかね。7位まで残っていればウェストブルック(DI×ターフローズ)じゃなくてこっちを取っていたかも。

 サラキア(牝・DI×サロミナ)も6位指名候補。姉サロニカはエルフィンS勝ち馬ですね。この馬(サロニカの方ね)取ろうか迷ってた馬だったんで全妹にも注目してましたが、厩舎が替わっちゃって少しトーンダウンしてしまいました。姉より今の時期の完成度は高いみたいですけどね。

 その他、ミッキーワイルド(ロードカナロア×ワイルドラズベリー)はリスト外A、ダノンカイザー(DI×ゼラスキャット)・オブセッション(DI×パーシステントリー)・ヴィルトゥース(牝・DI×ドナブリーニ)はリスト外B。ミッキーワイルドは安田師がけっこう期待してるみたいですね。私的にはロードカナロア産駒の中でトゥザフロンティア(母トゥザヴィクトリー)・ステルヴィオ(ラルケット)の次くらいの評価でした(リストに入ってるのは前の2頭のみ)。ヴィルトゥースははジェンティルドンナの下。背ったれだし遅そうなので外しました。

6位指名候補 グラマラスライフ・サトノディード・サラキア
12位指名候補 イダエンペラー
リスト外A ミッキーワイルド   リスト外B ダノンカイザー・オブセッション・ヴィルトゥース

○7位 ウェストブルック 牡 美・藤沢和 ディープインパクト×ターフローズ(Big Shuffle)
 馬体:A 評価:A 目標:ロサギガンティアくらい稼いでくれればOKです

 7位指名予定のグラマラスライフが消えたことで、残る牝馬1頭は、4位指名候補のダノンアモーレにしようと決めていました。ただ、この馬も4位で1頭空きがあったので繰り上げた形だけの4位指名候補馬で、人気もないようなのでもっと下で取ることに。問題は8位指名予定のキープシークレットを繰り上げるか、牡馬にするかでした。ここで残っている上位評価の牡馬は、2位ルーカス、3位ウェストブルック、5位ワグネリアン(DI×ミスアンコール)でした。リストを上から見ていって「ルーカスはまだ早いんでパス・・・、ん?ウェストブルックがまだ残ってますか!これはいっとかないと!!」って感じで本馬に決まりました。この馬はロサギガンティアの半弟ですが、藤沢先生が「ロサはGⅡを2つ勝ったが、この馬はそんなもんじゃ終わらないと思う。ロサのような硬さはない」って言ってましたので信じてみることにしました。まぁPOG期間に活躍するとは言ってないんですけど。現状、腰高なんですが、デビューは秋とのことなので、そこまで遅くなることはなさそう。あと、この馬ギャロップのPOG本の巻頭特集に載ってたんですが(見開き2Pを使ってノーザンF・社台F・追分F・ノースヒルズの馬を1頭(ノーザンFは2頭)紹介してるやつ)、アソコに載ってる馬って実際の2・~3割増しで良く見えません?あ、そういえばレリカリオも載ってましたね。・・・あの写真に騙されてるのかなぁ。

 ここで被ったのは、ソシアルクラブ(○ヒガシ×亀ちゃん)とワグネリアン(○小室さん×いまきち)。それぞれ4・5位指名候補です。そりゃ被りますわな。ソシアルクラブは姉のコロナシオンよりだいぶ良い感じですよね。馬体もしっかりしてるし、姉のようなピッチ走法ではないとのこと。これで姉がもう少し走ってれば食指が動いたんですが、ここは様子見ですかね。ワグネリアンは、馬体もわからず、小さいしってことで、いくら金子馬でも積極的に取る気にはなりませんでした。走っても不思議はないですが。

 ウィキッドアイズは6位指名候補。手塚厩舎の牝馬№1評価の馬ですかね。ハートレーの下ってことで福澤さんのご指名ですか。大柄で伸びのある馬体で、芦毛なんでよくわかりませんが、ハートレーみたく硬くはない感じがします。ただ、昨年取ったグラニーズチップスになんとなく似ているのが気になります。ノチェブランカ(牝・DI×ナイトマジック)は7位指名候補。フォイヤーヴェルク・ショックが未だ後を引いてますが、アルミレーナは期間内2勝。この馬は姉より一回り大きく早めに始動できそうだし、普通に姉以上の活躍が期待できそうっすね。レッドベルローズ(牝・DI×レッドファンタジア)は9位指名候補。現状の完成度も高いのに伸びしろも十分あるとのこと。良さげなんですが、初仔なんですかね?それが気になりました。でもこれも普通に2勝くらいしそうですよね。

 その他、グランソード(ハーツ×ドリームオブジェニー)はリスト外A。コンキスタドール(ルーラー×レーゲンボーゲン)・サトノテラス(オルフェ×サトノアマゾネス)はリスト外Cでした。グランソードはファンディーナの半弟。姉同様、現状で550キロという雄大すぎる馬体。さらに緩い。でも大物感はありますよね。2年連続で怪物出現なるか?注目です。

4位指名候補 ソシアルクラブ     5位指名候補 ワグネリアン
6位指名候補 ウィキッドアイズ    7位指名候補 ノチェブランカ
9位指名候補 レッドベルローズ   リスト外A グランソード
リスト外C コンキスタドール・サトノテラス

○8位 キープシークレット 牝 栗・矢作 ダイワメジャー×ウーマンシークレット(Sadler’s Wells)
 馬体:A 評価:A 目標:ぷちメジャーエンブレム

 ここは素直に本馬を指名。この馬も矢作TOP4の1頭です。矢作師曰く「跳びは大きいしメジャーエンブレムのイメージを持っている」とのこと。馬格もありしっかりしているけど、バランスが良くダイワメジャーの割りに柔らかそうなイメージ。ラングレー・リアルスティールの近親ということで、言われてみればなんとなくそんな感じも。レリカリオと本馬、矢作TOP4のうち牝馬2頭を取ってみました。どっちかは走ってくれるんじゃないっすかね。それにしてもルナステラにしてもグラマラスライフにしても本馬にしても今年気に入った牝馬はみんなシルクRです。これまであまり食指が動きませんでしたが、今年は豪華なラインナップ。ブレイク必至ですね。ちなみに本馬は中京デビュー予定です。

 8位にきてようやく被りなし。ここでマルケッサようやく出ました。よく被りませんでしたね。やっぱり小さいのが嫌われたのかな?姉のリナーテは骨折してしまいましたが、新馬戦で素質の片鱗を見せていました。この馬も評判は高く馬体も良さそう。8位はおいしい気がしますが。

 アンチェイン(DI×サムワントゥラブ)は金子馬なんですが、上が評判ほど走っていない印象。気性面なんですかね。馬体はわかりませんが、上よりワンサイズ大きいとのこと。やっぱり鍵は気性ってことですかね。そういえばサムワントゥラブも私持ってましたね。こういう馬って自分で取ってなくても応援したくなりますね。レッドラファーガ(DI×ツインテール)はファンタストクラブ育成馬。心肺機能が高く中身がしっかりしていて距離が延びていいタイプとのことですが、ちょっと華奢な感じを受けました。同じファンタストクラブ=東京HRなら溝江さんが10位で取ったレッドガーランド(DI×フェアリーバラード)の方が良さそうな気がします。ただ、こちらは既に入厩してますが、まだ目立った動きではない印象ですけど。

 シャンデリアスピン(牝・ノヴェリスト×ダンスインザムード)も気性が強いみたいなことがどっかに書いてあったような気が。デビュー予定出てたんですが、疲れが出たため一旦放牧したみたいですね。デクレアラー(Dメジャー×アスドゥクール)はリスト外B。ダイワメジャーによく似た馬体をしてますね。柱本さんようやく1人DI縛りやめましたね。母ベネンシアドール(DI)・ギベオン(DI×コンテスティッド)・マーナガルム(キンカメ×ライラプス)はリスト外C。母ベネンシアドールは情報ないですが、何か掴んでるんですか?

4位指名候補 マルケッサ          10位指名候補 アンチェイン・レッドラファーガ
12位指名候補 シャンデリアスピン       リスト外B デクレアラー
リスト外C 母ベネンシアドール・ギベオン・マーナガルム


※ 今回はここまで。今週は3頭デビューですね。個人的に注目はジナンボー。それなりに動いているよう ですが、さてどうなりますか。
 

レンタル掲示板
/71